《トリオ・ボリーンケン》から《トリオ・ロス・パンチョス》へ、そして…プエルト・リコ! カリブのラテントリオ

プエルト・リコ! カリブのラテントリオ 《トリオ・ボリーンケン》から《トリオ・ロス・パンチョス》へ、そして…

パブロ・マルシアール・オルティース・ラモス 著, 関根 秀介 訳
A5判 / 495ページ / 並製
定価:3,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1258-4 C0073
奥付の初版発行年月:2007年12月 / 書店発売日:2007年12月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

プエルト・リコとその周辺(キューバ、メキシコ)のトリオバンドの誕生とその歴史。彼らの巡り合いと確執・解散、トップテナーの座の変遷など、従来知られてこなかった“真相”を明かす。これまでにないラテン・トリオを知る決定版!

著者プロフィール

パブロ・マルシアール・オルティース・ラモス(ラモス,パブロ・マルシアール・ラモス)

●著者紹介 パブロ・マルシアール・オルティース・ラモス プエルト・リコ中部の町、バランキータス出身。インテルアメリカーナ大学およびプエルト・リコ大学両校卒業、貿易業に携わる。主な著作に『スペイン・ラテン音楽辞典』『トリオ・ロス・パンチョス史』、雑誌『ポピュラー歌謡』の編集者。

関根 秀介(セキネ ヒデスケ)

●訳者 関根秀介 1940年生まれ、東京出身。早稲田大学在学中「早稲田大学ラテンアメリカ協会」に所属、トロピカル音楽、フォルクローレに傾倒、研究・演奏活動を行う。協会のイベントとして「東京キューバンボーイズ」コンサートなどの企画に携わり、バンドマスター見砂直照、高橋忠雄氏ら、当時のラテン音楽解説者との交渉に当たる。卒業後、国内ならびに外国商社に勤務(駐在地:エクアドル、カリフォルニア)。退職後も南北アメリカ、キューバ、プエルト・リコを度々訪問、著名トリオ演奏家と交流、直接に現地音楽事情にふれる。

関連書

ページの上部へ▲