謎の古代図形前方後円墳の真相

前方後円墳の真相 謎の古代図形

大谷 幸市 著
A5判 / 327ページ / 並製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1252-2 C0021
奥付の初版発行年月:2007年04月 / 書店発売日:2007年04月11日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

円接正多角形の図形概念導入で、前方部の形状問題を解決し、舒明陵に始まる八角墳とタカミクラの八角形の謎を解明。さらに二等辺三角形を形づくる大和三山に秘められた知られざる歴史、隠された測量の事跡と新しい神の実像。

著者プロフィール

大谷 幸市(オオタニ コウイチ)

1943年名古屋に生まれ、少年期を渥美半島で過ごす。著書に『『古事記』に隠された幾何学』(三一書房 、1995/07)『古代渦巻文の謎』(三一書房 、1995/03)『国作り神話と大和三山—古代史を解く音と光』(大和書房 、1991/02)『実在した幻の三角形—邪馬台国・同時解明』(大和書房 、1987/09) 『古代史を解く三角形 』(中日出版社 、1982/03)などがある。『古代史の海』同人。「考古学文献を読む会」会員。

関連書

ページの上部へ▲