切手が伝えるベートーヴェンとその時代

切手で知ろうシリーズ 2
切手が伝えるベートーヴェンとその時代

大沼 幸雄 著
A5判 / 120ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-7791-1248-5 C0073
奥付の初版発行年月:2007年05月 / 書店発売日:2007年05月15日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

ベートーヴェン(1770-1827)の生涯と、歴史的な大転換期であった彼の生きた時代を3期に分けて描く。海外でも各賞を多数受賞した良質・貴重なコレクションよる分かりやすい評伝!天才作曲家へのかつてない形の讃歌。オールカラー。索引付。

著者プロフィール

大沼 幸雄(オオヌマ ユキオ)

1936年北海道生まれ。東京大学法学部卒。
元総合商社マン。ロンドン、ニューヨークに約14年間駐在。音楽切手収集歴約50年。
現在、財団法人日本郵趣協会・音楽切手部会代表、登録審査員、広報委員
受賞歴:第39回全国切手展(2004年) レギュラークラス・テーマティク部門にて『金賞』『小倉謙賞』のダブル受賞を皮切りに、2005年EXPHIMO(於:ルクセンブルグ)『金銀賞』、2005年全米トピカル協会切手展(於:ミルウォーキー)『金銀賞』、2006年「全日本切手展」(於:東京)『金賞』、2006年「モーツァルト・フィラ+エフェブリア2006」(於:ザルツブルク)にて『金賞』を受賞。

目次

巻頭特集『第九』とベートーヴェン

第一章:『情熱と努力』の時代(1770-1802)                                     
1.1. 生誕の地・文教都市ボン                  
1.2. モーツァルトとの出会い                  
1.3. フランス革命の思想に共鳴                 
1.4. 夢の都市・ウィーンへ                   
1.5. ブルク劇場でのデビュー                  
1.6. ハイリゲンシュタットの遺書                

第二章:『情熱と苦難』の時代(1803-1820)
2.1. ナポレオンと交響曲「エロイカ」              
2.2. 創造力の爆発                       
2.3. 不滅の恋人                        
2.4. 巨匠ゲーテとの邂逅                    
2.5. 肖像画家たち                       

第三章:『情熱と栄光』の時代(1821-1827)
3.1. 荘厳ミサ曲の完成                     
3.2. 名音楽家との交流                     
3.3. 不朽の名曲:交響曲第九番”合唱付“            
3.4. 『友ら喝采せよ。喜劇は終わった』             

4.1. 結び 

関連書

ページの上部へ▲