英米におけるその起源と展開歴史のなかの政教分離

歴史のなかの政教分離 英米におけるその起源と展開

大西 直樹 編, 千葉 眞 編
A5判 / 328ページ / 上製
定価:2,900円 + 税
ISBN978-4-7791-1151-8(4-7791-1151-X) C0022
奥付の初版発行年月:2006年03月 / 書店発売日:2006年03月30日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

二つの顔がある政教分離—国家と宗教団体との制度的結託、政治権力と宗教権力との融合の回避、「信教の自由」の保障—の変遷を、ピューリタン革命を起点にしつつ、アメリカ植民地時代の統治と教会、建国後の教会と国家ないし宗教と政治から現代アメリカの政教関係まで、歴史的文脈で分析。未だ“未完のプロジェクト”に学際的に迫る論集。

版元から一言

執筆者紹介

大西直樹(国際基督教大学教養学部教授)
岩井 淳(静岡大学人文学部教授)
森本あんり(国際基督教大学人文科学科教授)
小倉いずみ(大東文化大学法学部教授)
山岡龍一(放送大学助教授)
齋藤 眞(東京大学名誉教授、国際基督教大学元教授)
原 千砂子(桐蔭横浜大学法学部助教授)
小檜山ルイ(東京女子大学現代文化学部地域文化学科教授)
佐々木弘通(成城大学法学部助教授)
増井志津代(上智大学文学部英文学科教授)
安部圭介(成蹊大学法学部助教授)
千葉眞(国際基督教大学教養学部教授)

著者プロフィール

大西 直樹(オオニシ ナオキ)

国際基督教大学教養学部教授。(アメリカ文学、アメリカ学専攻)著訳書に『ピルグリムファーザーズという神話』(講談社選書メチエ、1998)、『ニューイングランドの宗教と社会』(彩流社、1997)、『ウォーキング』(ヘンリー・D・ソロー著、春風社、2005)などがある。

千葉 眞(チバ シン)

国際基督教大学教養学部教授。(政治思想専攻)著書に『現代プロテスタンティズムの政治思想』(新教出版社、1988)、『ラディカル・デモクラシーの地平—自由・差異・共通善』(新評論、1995)、『アーレントと現代—自由の政治とその展望』(岩波書店、1996)、『デモクラシー』(岩波書店、2000)などがある。

関連書

ページの上部へ▲