目からウロコのシナリオ虎の巻

目からウロコのシナリオ虎の巻

新井 一 著
四六判 / 255ページ / 並製
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-7791-1132-7(4-7791-1132-3) C0074
奥付の初版発行年月:2005年11月 / 書店発売日:2005年11月10日
1600円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

内容紹介

ジェームス三木氏、内館牧子氏らを育てた「シナリオ・センター」創立者が教えるすらすら書くための技術と秘伝の発想法。プロライターになるための発想の素とヒントを
満載。クリエイティブの悩みを一発解決!

著者プロフィール

新井 一(アライ ハジメ)

1915年東京に生まれる。戦前より劇作を学び、戦後は新国劇『ボス』などを発表後、文春企画、東宝企画部で、映画企画に参画。東京映画が設立され、企画部長、テレビ部長、宣伝部長などを歴任。専ら映画・テレビの企画に携り、その傍らシナリオ・ライターとして『喜劇駅前シリーズ』など200本のシナリオを執筆。またテレビ創成期の人気テレビドラマ『ママ、ちょっと来て』(日本テレビ)などの脚本や『ウッカリ夫人とチャッカリ夫人』(ラジオ東京=現東京放送)といったラジオドラマなど幅広く手掛ける。その後ライターと企画実務の経験を生かして、独自の「シナリオ診断学」「プランニング戦略」を開発。1970年にシナリオライター、プランナーの養成機関として「シナリオ・センター」(東京、青山)を創立主宰。以後、自らシナリオ・ドクターを任じ、ひたすらシナリオライターの教育・養成に一身を捧げる。その門下からはジェームス三木氏、内館牧子氏などの人気作家をはじめ、現在映画・テレビ界で活躍する数多くのライターはシナリオ・センターから巣立っている。1997年に82歳で没するまでシナリオライター育成に生涯現役を貫いた。主な著書・共著に『シナリオの基礎技術:新版』(ダヴィッド社、1985/11)『シナリオの基礎Q&A』(共著、ダヴィッド社、1987/08)『映画 テレビ シナリオの技術』(ダヴィッド社、1986/10)『新井一のシナリオ作法論集』(映人社)などがある。

目次

★目次より

第1部:ドラマを考える10の法則──シナリオは技術だ!
シナリオを考える10の法則──フィルムに描け!

第2部シナリオは、どう書けばいいのか?
Ⅰシナリオの基礎を身につけ技術を磨く[絵にならないものは書いてはいてない、枚数制限が芸術を生む]他
Ⅱものを書く人、何かを生み出す人の心がまえ[突然書けなくなったら、プロになるための10の条件]他
Ⅲいかに発想するか、どう表現するかを考える[落選作の原因を調べてみると、お客さんが納得する「嘘」をつく]他 Ⅳあなたの作品は「魅力的」か[人物は二重性を持たせると深みが出る、ぜひ落語を勉強するように]他

関連書

ページの上部へ▲