モリスとモダニズムの政治学イギリスの社会とデザイン

イギリスの社会とデザイン モリスとモダニズムの政治学

菅 靖子 著
A5判 / 472ページ / 上製
定価:4,700円 + 税
ISBN978-4-7791-1129-7(4-7791-1129-3) C0070
奥付の初版発行年月:2005年12月 / 書店発売日:2006年01月06日
4700円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

他国へのデザイン・コンプレックスを抱え、「悪趣味」に悩むイギリス。《ウィリアム・モリス》と《モダニズム》を軸に展開する、近現代イギリスのデザイン・表象文化史。デザインと産業、国家権力の関係を明らかにする。図版多数。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書
■書評……図書新聞(2006年7月1日)

著者プロフィール

菅 靖子(スガ ヤスコ)

福岡県出身。東京大学教養学部卒業(イギリス文化、表象文化論を研究)。同大学大学院博士課程単位取得満期退学。同大学院在学中英国ロイヤル・コレッジ・オブ・アートに留学。ロイヤル・コレッジ・オブ・アート博士課程修了(Ph.D)。埼玉大学教養学部講師、助教授を経て、現在、津田塾大学助教授。ロイヤル・ソサイエティ・オブ・アーツのフェロー(FRSA)。専攻は近現代イギリス史、デザイン史。
訳書に『パステルカラーの罠—ジェンダーのデザイン史』(ペニー スパーク(Penny Sparke)、菅 靖子 門田 園子、暮沢 剛巳 (共訳)、りぷらりあ選書、法政大学出版局、2004)『アート、デザイン、ヴィジュアル・カルチャー—社会を読み解く方法論』(マルコム バーナード(Malcolm Barnard)、永田 喬、菅 靖子(共訳)、アグネ承風社、2003)がある。

目次

■第1部 デザイン・コンプレックスの国イギリス
▼第1章 「悪趣味」なイギリス〜装飾美術博物館の「戦慄の間」
  博物館と趣味の体制化
  趣味と道徳〜ヘンリー・コールの活躍
  国家経済とデザイン
  『ジャーナル』とデザインの理論化
  大英博覧会と装飾美術博物館ほか
▼第2章 「美術製品」の周縁〜マンチェスターの芸術文化振興とデザイン学校
  マンチェスター・デザイン学校の設立
  キャリコ批判とエドマンド・ポター
  芸術文化都市の試金石〜英国美術名宝展
  パリ万国博覧会での不振ほか
▼第3章 住まいにみるイングランドの表象〜モリス、アーツ・アンド・クラフツと室内装飾の消費文化
  ウィリアム・モリスと様式
  住まいのイングリッシュネス
  ファッションとしての室内装飾と女性雑誌
  「理想の住まい」展への道ほか

■第2部 アーツ・アンド・クラフツとモダニズムのはざまで
▼第4章 ギルドと機械と手工芸〜C. R. アシュビーの産業社会への挑戦
  アーツ・アンド・クラフツ運動の新世代
  ラスキンとモリスの影響
  フランク・ロイド・ライトとの出会い
  産業デザインと品質基準ほか
▼第5章 「アーツ・アンド・クラフツ」から「デザイン・アンド・インダストリーズ」へ〜デザイン・アンド・インダストリーズ協会(DIA)とモダン・デザインの理論と実践
  「古き良きイギリス」対モダニズム
  ドーランド・ホールとロイヤル・アカデミー
  バートラムのデザイン論ほか
▼第6章 伝統とモダニズムの共生〜アーツ・アンド・クラフツ展覧会協会とスウェーデン
  イギリス・スウェーデン間のデザイン交流
  1920年代のアーツ・アンド・クラフツ展覧会協会
  「スウィディッシュ・モダン」の勝利〜ストックホルム展
  「ようこそ機械よ!」〜アーツ・アンド・クラフツ展覧会協会の方針転換
▼第7章 「イングリッシュ」・モダンの広報戦略〜ヒール商会にみるモダニズムの馴化
  正統化されるモダニズム
  広報戦略の発達〜19世紀のショールームと商品カタログ
  ヒール商会の復元家具
  マンサード・ギャラリーほか

■第3部 国家とデザイン
▼第8章 「趣味の浄化装置」からの脱却〜英国産業美術協会(BIIA)とデザイン政策
  デザインへの国家介入
  第一次世界大戦前後の動き
   〜H. リュエリン・スミスとC. H. スミスとの出会い
  逓信省と電話ボックス
  運輸省と道路標識
  「薄い財布のための英国産業美術」展と「バリー・コレクション」ほか
▼第9章 モダニズムの演出技法〜ライマン産業・商業美術学校と展示デザイン
  美術・産業カウンシルとパリ万国博覧会
  ベルリンのライマン・シューレ
  バウハウスとの関係
  イギリスのデザイン教育論とライマン・シューレの評判
  「プレゼンテイションと展示に関する小委員会」ほか
▼第10章 デザイン改革思想の受容と階級〜モリスから英国祭へ
  労働者向けの「モダン」な住まい
  COIDの「デザイン・クイズ」
  「成功できる英国」展での世論調査
  「英国祭」とナショナル・スタイルの創造ほか

■第4部 ウィリアム・モリスの遺産
▼第11章 モリス以降のモリス商会
  文化遺産としてのモリス
  モリス商会の経営〜マリリエとベンスン
  美術監督J. H. ダールの役割
  マートン・アビーへの訪問者〜本間久雄ほか
▼第12章 レッド・ハウスの一世紀半
  チャールズ・ホームとレッド・ハウスの「聖化」
  ホームと日本
  戦後のレッド・ハウスとウィリアム・モリス協会
  「ヘリテージ」議論の高まり
  ナショナル・トラストとモダニズム

関連書

ページの上部へ▲