新井 一・堀江史朗・森 栄晃の軌跡日本映画黄金期の影武者たち

日本映画黄金期の影武者たち 新井 一・堀江史朗・森 栄晃の軌跡

シナリオ・センター 編
四六判 / 272ページ / 並製
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-7791-1086-3 C0074
奥付の初版発行年月:2010年12月 / 書店発売日:2010年12月01日
1700円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

★昭和30年代、戦後の日本映画最盛期は、どのような人材が担い、どうように形成されたのか。膨大な作品を生み出した「影武者」ともいうべきシナリオ・ライター、プロデューサーの活動からその裏面史をさぐる。貴重な証言・資料満載。

前書きなど

戦後の日本映画最盛期には、どのような人材が担い、どのように形成されたのか。膨大な作品を生み出した「影武者」ともいうべきシナリオ・ライター、プロデューサーの活動からその裏面史をさぐる。

版元から一言

★年末・年始の映画本!

目次

【目次】
第1章 黄金期に活躍した影武者たち……堀江史朗
第2章 南の島のレモンの木……堀江史朗に聞く
第3章 シナリオに生涯をかけた男・新井一……新井巌
第4章 傑作シナリオはこうして生まれた……森栄晃
『ゴジラ』
『七人の侍』
『裸の大将』
『天国と地獄』
『大学の若大将』
『日本のいちばん長い日』
『モスラ』
『ニッポン無責任時代』

関連書

タグ:映画

ページの上部へ▲

タグ: ,