少女二人、朝鮮半島縦断引き揚げの記録奇跡の道程(みちのり)

奇跡の道程(みちのり) 少女二人、朝鮮半島縦断引き揚げの記録

得能 喜美子 著
四六判 / 160ページ / 並製
定価:1,300円 + 税
ISBN978-4-7791-1080-1 C0036
奥付の初版発行年月:2010年09月 / 書店発売日:2010年09月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

昭和20年8月、家族とはぐれ、自分たちだけで日本まで引き揚げなければならなくなった若き姉妹二人。無一文、文字通りの飢餓。獣になったソ連兵。決死の38度線突破。筆者が実際に体験した想像を絶する1年1ヶ月の記録

前書きなど

感動のノンフィクション!
筆者が実際に体験した想像を絶する1年と1ヶ月

版元から一言

感動のノンフィクション!
筆者が実際に体験した想像を絶する1年と1ヶ月

目次

父、母と生き別れ。
兄との奇跡の再会と兄の死。
置き去りにされた子供たち。
獣になったソ連兵。
無一文、雑草だけの食事、文字通りの飢餓。
収容所のたらい回し。
決死の38度線突破。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: