1940年代ハリウッド全盛期のアメリカ映画案内カサブランカはなぜ名画なのか

カサブランカはなぜ名画なのか 1940年代ハリウッド全盛期のアメリカ映画案内

福井 次郎 著
四六判 / 276ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1064-1 C0074
奥付の初版発行年月:2010年01月 / 書店発売日:2010年01月22日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

★第二次世界大戦前夜から「赤狩り」開始まで、時代と映画の相関を読む。
★DVDで手軽に観られるようになった「名画」の時代背景、人物、出来事をジャンル別に整理。便利な作品索引付き。

前書きなど

★第二次世界大戦前夜から「赤狩り」開始まで、時代と映画の相関を読む。
★DVDで手軽に観られるようになった「名画」の時代背景、人物、出来事をジャンル別に整理。便利な作品索引付き。

版元から一言

★第二次世界大戦前夜から「赤狩り」開始まで、時代と映画の相関を読む。
★DVDで手軽に観られるようになった「名画」の時代背景、人物、出来事をジャンル別に整理。便利な作品索引付き。

著者プロフィール

福井 次郎(フクイ ジロウ)

1955年生まれ、早稲田大学卒。映画および歴史研究者。青森県在住。著書に『映画産業とユダヤ資本』(早稲田出版)『「戦争映画」が教えてくれる現代史の読み方』(彩流社)等がある

目次

第1章 戦意高揚映画
第2章 エスケイプ映画(娯楽映画)
第3章 フィルムノワール
第4章 シリアスドラマ(社会派ドラマ)
登場する映画400本以上、丹念に解説。

関連書

タグ:映画

ページの上部へ▲

タグ: