キーワードはユダヤ人問題歴史ミステリー コロンブスはなぜアメリカ大陸に渡ったのか

歴史ミステリー コロンブスはなぜアメリカ大陸に渡ったのか キーワードはユダヤ人問題

福井 次郎 著
四六判 / ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1030-6 C0022
奥付の初版発行年月:2008年04月 / 書店発売日:2008年04月18日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

聖者としてのコロンブスは虚構、後世につくられた神話だった。その実像を追っていくと、15世紀欧州の「ユダヤ人問題」と遭遇する。なぜ彼は何度も航海に出なければならなかったのか?大胆な推理で歴史の闇に光を当てる。

著者プロフィール

福井 次郎(フクイ ジロウ)

1955年青森県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。現在、青森県在住。ユダヤ人と映画の関わりについて精力的に研究、映画を歴史と関連付けて論ずる独自のエクリチュールを確立し、多方面にわたって執筆活動を展開中。著書に『映画産業とユダヤ資本』(早稲田出版、2003)『戦争映画が教えてくれる現代史の読み方』(彩流社)などがある。

関連書

ページの上部へ▲