狙ってみたいあなたのための シナリオ・コンクール攻略ガイド

「シナリオ教室」シリーズ 1
狙ってみたいあなたのための シナリオ・コンクール攻略ガイド

シナリオ・センター 編
A5判 / 128ページ / 並製
定価:1,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1011-5 C0374
奥付の初版発行年月:2007年04月 / 書店発売日:2007年04月26日
1500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

内容紹介

コンクール“常勝”のシナリオ・センターが伝授する受賞のためのノウハウ。フジ、テレ朝、NHK、城戸賞ほか各種のコンクールの“過去問題”と“傾向と対策”を徹底分析した“合格”マニュアル。受賞者インタビュー多数収録。

著者プロフィール

シナリオ・センター(シナリオセンター)

執筆者(登場順)

仲村 みなみ(なかむら・みなみ)
マンガ原作、アニメ、小説、ゲーム、映画、テレビドラマなど幅広くエンタティンメントの企画・脚本執筆を手がけている。講談社「20歳の恋」マンガ原作コンクール大賞受賞、講談社「BE・LOVE」原作大賞受賞。シナリオ・センター講師。著作『「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方』(浅田 直亮、仲村 みなみ 著、彩流社、2005)

柏田道夫(かしわだ・みちお)
小説家、劇作家、シナリオセンター講師。95年に、歴史群像大賞、オール讀物推理小説新人賞を受賞。著書『シナリオの書き方』『エンタテイメントの書き方1、2』(以上、映人社)『水に映る』

浅田 直亮(あさだ・なおすけ)
1993年、フジテレビ系『八丁堀捕物ばなし』シリーズでシナリオ・ライターとしてデビュー。『八丁堀捕物ばなし』はギャラクシー賞受賞。シナリオ・センター講師。月刊『シナリオ教室』に連載中。著作『「懐かしドラマ」が教えてくれるシナリオの書き方』(浅田 直亮、仲村 みなみ 著、彩流社、2005)等。

坂井 昌三(さかい・しょうぞう)
1944年札幌生まれ。シナリオ・センター講師。「伊参スタジオ映画祭」「逗子湘南ロケーション映画祭」の審査も務める。月刊『シナリオ教室』に応援コラム連載中。

大前 玲子(おおまえ・れいこ)
神奈川県出身。1985年TV2時間ドラマで脚本家デビュー。主にサスペンスを執筆。シナリオ・センター講師。「やまなし映画祭」シナリオ教室講師。


本書全体の関連書に『目からウロコのシナリオ 虎の巻』(新井一著、彩流社、2005)『月刊シナリオ教室』(発行元/シナリオ・センター)などがある。

関連書

ページの上部へ▲