イケ彩ダメ彩

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

第1回ふじ特撰落語会「円丈・鳳楽二人会」に行く!

昨晩(11・18)、神楽坂・赤城神社参集殿の柿落としということで、
「第1回ふじ特撰落語会」が開催された。
「円丈・鳳楽二人会」である。
仕切役はお馴染みフジテレビアナウンサー・塚越孝氏。
またこの会のキャッチコピーがスゴイ。
「あの対決から8カ月『円丈・鳳楽二人会』やっぱり圓生は俺だ!」
会場ではこのあとにほんとうはまだ「円窓よ出てこい!!」と続ける
はずだったが、いろいろ差し障りがあるのでやめにした、と説明が
あって場内爆笑となった。

円丈・鳳樂_1.jpg

円丈師、鳳楽師、塚越氏の鼎談を含め、落語を2席づつという、
ものすごく贅沢な落語会だ。
前半は鳳楽師の「掛取万歳」、円丈師の「紙芝居落語『全部圓生』」。
中入後は、圓生十八番の落語をやることになって、それぞれ長講で
円丈師が「百年目」、鳳楽師が「寝床」。
会がハネタのが22時前。通常の会場ではあり得ない時刻だ。
そしてその後、落語の余韻がまだ残る会場で、二人の師匠は
記者会見に臨んだ。11時ごろまで続いたのではないか。

ともあれ、円丈師の「百年目」を聴いたのは記憶に間違いがなければ
3度目だと思うが入魂の落語だった。空気がピーンと張りつめられて
いた。新作派の巨匠といわれる師であるが、古典での技・迫力ともに
すばらしい出来だった。
生で聴く落語とは違うと思うが、今回の落語の動画が11月22日より
「フジポッド」より無料で配信される。鼎談部分も含め見られるという
ことなので、興味のある方は是非とも視聴していただきたい。

[筆・南葵亭樂鈷]