岐阜を歩く

フィギュール彩 51
岐阜を歩く

増田 幸弘 著
四六判 / 199ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7054-6 C0336
奥付の初版発行年月:2016年03月 / 書店発売日:2016年03月11日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

二〇〇六年、日本を離れた著者は、プラハで暮らしはじめた。同時に一年に一度、岐阜県でローカルな取材を重ねる。七年の月日をかけ、農家や職人、工場や研究所を訪ねては話を伺った。観光地を歩き、史跡・旧蹟を回った。そして、日本でいまなにが起きているか、アウェイの目線で見つめた。ヨーロッパの中央にあるプラハから、日本のど真ん中にある岐阜へ。見えてきたのは、「失われた三〇年」に翻弄されながらも、真摯に、たくましく生きる人びとの姿だった。歴史の裂け目のなかで大きく変わりゆくリアルを、個人、世界、そして日本という三つの視点から考えた棄国三部作完結!
『アドファイル』(中日新聞社広告局発行)連載。

版元から一言

[初出]『ADFILE』(中日新聞社広告局)2006年5月号~2013年9・10月号

著者プロフィール

増田 幸弘(マスダ ユキヒロ)

ますだ・ゆきひろ
1963 年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
スロヴァキア在住のフリーランスの記者・編集者。
主な著書に『日本地理おもしろ雑学』(日東書院、2003 年)、
『プラハのシュタイナー学校』(白水社、2010 年)、
『ザルツブルクとチロル アルプスの山と街を歩く』
(ダイヤモンド社、2013 年)、『棄国ノススメ』
(新評論、2015 年)、『黒いチェコ』(彩流社、2015 年)
等がある。

目次

(1)岐阜
(2)西濃
(3)中濃
(4)東濃・飛騨
(5)日本と欧州

関連書

ページの上部へ▲