ドイツ強制収容所の勇者たち生命の火花

生命の火花 ドイツ強制収容所の勇者たち Der Funke Leben

レマルク 著, 小倉 正宏 訳
A5判 / 344ページ / 上製
定価:3,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1808-1 C0097
奥付の初版発行年月:2012年08月 / 書店発売日:2012年08月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

『西部戦線異状なし』で知られるレマルク畢生の大作! 
ナチス・ドイツ強制収容所での苛酷で悲惨な現実を、
敗戦直前のドイツ側から描き、長らく発禁処分となっていた問題作。
満を持して新訳でお届けします!!

1945 年春のドイツのメルラン強制収容所。戦争の帰趨情勢から一切
遮断された囚人たち。毎日毎日、アルファベット順、あるいは抜き打
ちに殺されていく囚人たち。おびただしい死体の量にあわてふためく
ナチス親衛隊たち。強制収容所では、反ナチスへの共産主義者を
中心とした地下抵抗組織が、生命の火花をともしていた。敗戦濃厚
のドイツの親衛隊たちは、戦後の我が身の安全を心配して保身に走
るあわてぶりを見せる。極限状態におかれた人間の真の姿を浮き彫
りにし、長く発禁処分になっていた戦争小説。

★本書は、1994 年に『ドイツ強制収容所にお
ける勇者たちの肖像』のタイトルで日本図書刊
行会から出版されましたが、絶版になって久し
く、復刊を望む多くの声にお応えして、タイト
ルもより原タイトルに近いモノにして、より読
みやすく、新しく訳し直しました。レマルク小
説の決定版として、お届けします!!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

レマルク(レマルク)

エーリッヒ・マリア・レマルク(Erich Maria Remarque (1898-1970))
1898 年、ドイツ生まれ。自らも戦場に立ち、負傷兵
として敗戦を迎える。映画化もされたヒット作『西部
戦線異状なし』のほか『凱旋門』などでも知られる。

小倉 正宏(オグラ マサヒロ)

1946 年生まれ。京都大学独文科卒。劇作家。評論、
随筆、戯曲多数。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: