その思想と足跡評伝 尹奉吉

評伝 尹奉吉 その思想と足跡

金 学俊 著, 李 琇恒 編, 河田 宏 監, 朴 淳仁 訳
四六判 / 256ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1502-8 C0023
奥付の初版発行年月:2010年01月 / 書店発売日:2010年01月05日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

日本ではテロリスト、しかし韓国・朝鮮では愛国者・義士である……。時代が生んだ“悲劇の肖像”の全てを描く。1932年4月29日、上海虹口公園で日本の高官に手投げ弾を投げ、24年の短い生涯を閉じた尹奉吉の生き方と影響。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

金 学俊(キム ハクチュン)

1943年、中国瀋陽生まれ。ソウル大学政治学科卒業。東京大学客員教授、東亜日報社長を経て、現在、東亜日報会長。主著に『北朝鮮50年史』(朝日新聞社)、『知られざる北朝鮮史』(幻冬舎文庫)など多数。

李 琇恒(イ スハン)

1954年、韓国ソウル生まれ。ソウル大学国文学科卒業。東亜日報記者を経て、現在、東亜日報2020委員会副局長。

河田 宏(カワタ ヒロシ)

1931年、東京生まれ。早稲田大学文学部社会学科中退。以後、日本近現代史、軍事史を中心に著述。主著に『朝鮮全土を歩いた日本人』(日本評論社)など多数。

朴 淳仁(パク スンイン)

1944年、兵庫県生まれ。朝鮮大学校理学部卒業。現在、uri図書館主宰。

関連書

ページの上部へ▲