エスニシティ、人種、ナショナリズム「日系アメリカ人」の歴史社会学

「日系アメリカ人」の歴史社会学 エスニシティ、人種、ナショナリズム

南川 文里 著
A5判 / 291ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1278-2 C0030
奥付の初版発行年月:2007年06月 / 書店発売日:2007年06月14日
3500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

内容紹介

日本人移民が「日系アメリカ人」として、定着する過程を、エスニシティ・人種・ナショナリズムの相互関係のなかで捉え、そのの変容が世代間の移動だけではなく、日系人社会内部とアメリカ社会側の変容のなかに位置づける労作。

著者プロフィール

南川 文里(ミナミカワ フミノリ)

神戸市外国語大学准教授。1973年愛知県生まれ。一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学。博士(社会学)。
主な論文・著書・訳書
「滞留状況と移民企業家:ロスアンジェルス日系移民の歴史社会学的考察から」(『年報社会学論集』第12号、関東社会学会、1999年)、「エスニック・ニッチの確立と移民のエスニック化:ロスアンジェルス日系移民都市商業の歴史的展開を通して」(『日本都市社会学会年報』第18号、日本都市社会学会、2000年)、「移民ナショナリズムとエスニシティ:1930年代末在米日系移民における『民族』」『ネイションの軌跡:20世紀を考える(1)』(山脇 直司・森 政稔・内田 隆三・米谷 匡史 編、新世社、2001)、「アメリカの人種エスニック編成とアジア系移民:『エスニック・ビジネス』再考」『国際社会〈4〉マイノリティと社会構造』(宮島 喬・梶田 孝道 (編) 、東京大学出版会、2002)、「エスニック・タウンにおける人種編成:1910年代末ロスアンジェルス日系移民による矯風運動を中心に」(『アメリカ史研究』第26号、アメリカ史研究会、2003年)、「アメリカ社会における人種エスニック編成:エスニシティのナショナルな条件」(『社会学評論』第55巻1号、日本社会学会、2004年)、「水平的移動・人種・アメリカ化:移民をめぐるマスターナラティヴ批判」(ウィリアム・ダリティ・ジュニアとの共著)樋口映美・中條献編『歴史のなかの「アメリカ」:国民化をめぐる語りと創造』(彩流社、2006年)、「二つの『ジャパニーズ』:移動とエスニシティの現代社会論に向けて」米山裕・河原典史編『日系人の経験と国際移動:在外日本人・移民の近現代史』(人文書院、2007年)、「リトルトーキョー:エスニシティが投影される場所」御輿哲也編『〈移動〉の風景』(世界思想社、2007年)など。

関連書

ページの上部へ▲