不条理な強制収容に抗した群像アメリカ日系二世の徴兵忌避

アメリカ日系二世の徴兵忌避 不条理な強制収容に抗した群像

森田 幸夫 著
A5判 / 638ページ / 上製
定価:7,200円 + 税
ISBN978-4-7791-1270-6 C0022
奥付の初版発行年月:2007年08月 / 書店発売日:2007年08月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

内容紹介

第二次大戦中、強制収容所に入れられた日系二世男子315人が徴兵を忌避した。日系人社会の“負の遺産”としてあまり触れられることのなっかたその実態を生存者の“生の声”を聞き、真相を後世に残す“もう一つの日系人史”。

著者プロフィール

森田 幸夫(モリタ ユキオ)

1930年生まれ。1958年、京都大学文学部西洋史学科修士課程修了。1967年アメリカ・オハイオ州立大学大学院歴史学専攻修士課程修了、M.A.取得。愛知県立大学教授、金沢学院大学教授などを経て、現在、金沢大学非常勤講師。著(・共著)訳書等に『カリフォルニア』(1972)『ジム・吉田の二つの祖国』(猿谷 要 ・森田 幸夫 翻訳、文化出版局、1977)『屈辱の季節—根こそぎにされた日系人』(ディロン・マイヤ 著、森田 幸夫 翻訳、新泉社、1978)『軍医の戦争—ペリリュー島日記』(森田 幸夫 翻訳、マルジュ社、1980)『アメリカの歴史 下』(関西アメリカ史研究会 編著、柳原書店、1982)『アメリカの強制収容所 新版—戦時下日系米人の悲劇』(アラン・ボズワース著、森田 幸夫 訳、新泉社、1983)『ザ・カリフォルニア』(1984)『ウォーレン回想録』(アール・ウォーレン著、森田 幸夫 翻訳、彩流社、1986)『ダニエル・イノウエ自伝—ワシントンへの道』(森田幸夫 翻訳、彩流社、1989)『日本の移民研究 動向と目録』(移民研究会 編、日外アソシエーツ 版、1994)『戦争と日本人移民』(移民研究会 編、東洋書林 版、1996)『悪い習慣 』(ジョン・C.バーナム(John C. Burnham)著、森田幸夫 翻訳、玉川大学出版部、1998)など。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,