豊岡の職人が作る鞄

2014 年 11 月 28 日 金曜日

先日は版元営業と革靴の関係について書いたが、今回は版元営業と鞄について書きたいと思う。

版元営業の駆け出しの頃は、なるべく軽くて、かつポケットがたくさんある鞄をビックカメラとかで探して買っていた。

版元営業にとっては、鞄も革靴と同じように消耗品で、重い営業用のチラシや資料等をたくさん入れてパンパンになった状態で、書店を何時間も営業して回ると、そのうちガタがきて、ストラッップと鞄を繋いでいる金具が千切れたり(これ本当で、真鍮の金具でもだんだん磨り減ってきて千切れたことが何度もあった)、外装の布が破れたりで、革靴よりは持つが、一年ぐらいでだいたい限界がきて買い替えてきた。なのでもう版元営業になって十四個ぐらい買い替えたことになる。

最近の私のお気に入りの鞄は、鞄の産地、兵庫県豊岡市の職人が作るダレスバックだ。豊岡の職人が作った鞄は、デザインも強度も、いままで使ったどの鞄より優れていると私は思う。

豊岡には以前、出張して書店を営業してまわったことがあり、私は実はその時に、豊岡が千年の歴史を持つ鞄の産地だということを初めて知った。書店営業をやることで、日本の行ったことがない地方都市の知られざる名産を知ることができるというのも、また出張の面白さの一つである。

最近は、「モノづくりの日本」とか言いながら、店に並ぶあらゆる商品が中国製だったり韓国製だったり、最近は靴もベトナム製やカンボジア製が出回ってて、全然日本の職人が作ったモノが日常生活に見受けられなくなっていると思う。

そんな中、豊岡の鞄は、海外の安価な鞄などの価格攻勢に耐えながら、鞄づくりの千年の歴史を継承しつつ、日本の職人が作った、まさにモノづくり日本の高い技術を証明している。

豊岡の鞄、お勧めです!

【文責 春日俊一】

 

 

高倉健と加山雄三

2014 年 11 月 27 日 木曜日

「健さんが死んだ! 」

この間の報道ぶりは新聞の号外を含め凄まじいの一言である。

年配の映画ファンのアイドルではあったが、若い世代にとって、この騒動は一体何なのか、目を白黒させる出来事であったようだ。

私にとっての健さんは、初期の任侠映画は圧倒的に鶴田浩二、藤純子の影響が強く、影の存在でしかなかった。

むしろ水上勉原作の名作「飢餓海峡」(1965)の刑事役などに見られる、どこか俳優になじめないような演技が印象的であった。

健さんの映画を3本あげろといわれれば、「鉄道員(ほっぽや)」(1999)、「あなたへ」(2012)、「八甲田山」(1977)ということになる。

浅田次郎原作の「鉄道員(ほっぽや)」は全編に流れる「テネシーワルツ」が心に沁みて、心臓がドキドキした素晴らし名作といえる映画であった。

この間の報道で、この音楽を使うことを言い出したのは健さん本人だったことを知った。

「あなたへ」は、ふるさとの近くの平戸を舞台とした映画で、これは別の意味でこころに響くものでした。

映画では平戸大橋を車で渡って平戸島へ行くシーンがあるが、私の少年時代は船で渡っていたことを思い出した。船着き場の田平にある中瀬海岸のキャンプ場で夜空を眺め、いつまでも流れ星を見ていた記憶も蘇った。

先日のNHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で「あなたへ」の撮影風景を放送していたが、「平戸は悲しみを感じさせる島ですね」という健さんの言葉が印象的だった。

 

新田次郎の原作「八甲田山」については、今年の4月に刊行したアルバン・コジマ著の『加山雄三と音楽の魅力』の「映画に見る三つの顔」で触れています。長い引用になりますが紹介しておきます。

「一九七七年六月封切と同時に、『八甲田山』は当時最高の収入益を記録したということです。橋本忍によると、組織体の理不尽に屈さなければならなかった人間の宿命への疑問を、この映画の象徴的な意義として観衆が見て取ったから、ということです。これが、大成功をもたらしたわけです。しかし、脚本づくりにおいても、撮影過程においても、こうした象徴的な意義は全く頭になかった、と橋本忍はいっています。こういう例は、ほかにもあります。ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第二三番には『熱情』という題、チャイコフスキーの第六交響曲には『悲愴』という表題がついています。この場合も、後で人がつけた標題とその裏にある象徴的意義が、曲のアイデンティティーとなっています。……

映画の焦点は、もちろん、高倉健演ずる徳島大尉と北大路欣也の神田大尉にありますが、この二人のあいだで、倉田大尉はどのように位置づけられているのでしょうか。徳島大尉と神田大尉は、映画の始まりからすでに定義された役柄です。ですから、あらすじを知らなくても、この二人が映画の中でどんな関係にあるのかということを、観衆は予想できます。しかし倉田大尉は、映画がはじまって四五分くらい経たないと、姿をあらわさないのです。神田隊員の点呼の場面で、はじめて観衆は、誰が倉田大尉であるかを知らされます。口を一文字に閉じ、帽子の鍔に半分ほど隠された厳しい目を前方に投げている軍人が、(加山)雄三の扮する倉田大尉なのです。セリフはありません。この場面から次の四五分のあいだに、雄三は七、八回ほど画面にでてきます。無言です。点呼の場面とおなじく、堅く閉じた口と鍔に隠されたきつい目で演技を続けます。極度に制限された顔の表情です。また、上半身の動きについていえば、雄三の体の角度がいつも斜になっていて、ほかの人々の直立不動の姿勢からズレています。これが、「内に属していながら、外にいる人間」という、多少、反組織体的とも取れる態度として目にはいります。顔の表情と体の動き方のみによる特殊な演技は、『八甲田山』について何も知らない人にも、映画をみているうちに、ある状態を転じさせる予兆のようなものを感じさせます。……

よく考えてみると、倉田大尉の役柄は、あるダイナミズムによって形づくられています。ちょうど、クレッシェンドとディミヌエンド(音量を次第に弱めること)の結合のように。このダイナミズムが、監督や脚本家によって意図されたものであるかどうかは、分かりません。しかし、監督の森谷司郎は何年も黒澤監督の下で助監督を務めたそうで、「黒澤流のリアリズムが徹底している」方です。リアリストは、普通、現実の動的なパターンに敏感な反応を示します。倉田大尉の役柄にひそむダイナミズムが意図されたものであるにしろ、ないにしろ、雄三は俳優としてみごとにこのダイナミズムを表現しています。つまり、助演俳優として助演的な役柄を受けもち、主役にも劣らない重要性をその役柄にあたえることに成功しています。個としての自分を把握した、強い倉田大尉を、雄三は創りだしているのです。倉田大尉は、雄三の分身ともいえるのではないでしょうか。ここに、『乱れる』や『赤ひげ』にはみられない、雄三独自の業績の役割がみられるのです。」

 

小社では健さんの「幸福の黄色いハンカチ」(1997)、「網走番外地」(1965)、「新幹線大爆破」(1975)などを紹介した立花珠樹著の『「あのころ」の日本映画がみたい!』も刊行しています。ぜひ手に取ってご覧ください。(ヤマカワ)

 

978_4_7791_1940_8.jpg

 

978_4_7791_1083_2.jpg

 

南海電鉄 昭和の記憶

2014 年 11 月 27 日 木曜日

ハーバード大学から全集の注文!

2014 年 11 月 26 日 水曜日

刊行開始して間もない荒巻全集ですが、本日は、なんとアメリカのハーバード大学より、全巻購入の予約注文が入りました!
荒巻先生といえば、目下『神聖代』が英訳中とのことで、いずれミネソタ大学から刊行されるようです。
本全集編集委員の巽孝之先生は、この企画を立ち上げたときから、荒巻作品はアメリカで読まれるハズだとおっしゃっており、その第一歩が今回の注文となります。
海外に広がることを意識して巽先生による6頁にわたる英文解説もとてつもなく生きてきます。

もちろん、随時海外からも注文が入るはず。
それにしても、改めて荒巻ワールドの偉大さに気づいた次第です。

(編集部 高梨治)

【広告】「朝日新聞」一面サンヤツ

2014 年 11 月 26 日 水曜日

「朝日新聞」(2014年11月17日付)に一面サンヤツ広告を掲載しました。

(続きを読む…)

第28回 日本古代国家成立の秘密ーー林順治

2014 年 11 月 26 日 水曜日
※本記事は、2014年11月16日に名古屋YWCAで行われた〈日本のなかの朝鮮文化・東海フォーラム〉(主催・三河塾)での講演録に基づいています。

『アマテラスの正体』では、『古事記』が古く、『日本書紀』が新しいという通説に対して、藤原不比等が太安万侶など優秀な文人たちを登用して「記紀」をほぼ同時に作らせたことを説明しましたが、中身はかなり難解になりました。 (続きを読む…)

第16回GS賞に参加してきました!

2014 年 11 月 25 日 火曜日

まもなく刊行予定の『日本に最初に来たアメリカ人ケンドリック(仮)』 (続きを読む…)

ブライアン・メリマン『真夜中の法廷』

2014 年 11 月 25 日 火曜日

がんばれ、権徹(ゴンチョル)さん!

2014 年 11 月 23 日 日曜日

ハンセン病回復者を撮った『てっちゃん』(権徹・写真)の写真をはじめて見たとき、
本当にこの写真はすごい、と感激してうなった。
まず、美しい。
てっちゃんの表情が、こちらのくだらない思いこみを遙かに超えて、多様だ。
見つめ合う、はしゃぐ、思索にふける、泣く、内緒話をする――。
まったく、驚いた。
これを撮った人は、ただものではない。そうも思った。 (続きを読む…)

第一回配本の「月報」に弊社社長が感銘!

2014 年 11 月 21 日 金曜日

書店に並び始めました第一回配本の『白き日旅立てば不死』!
書店で見かけられた方も多いのではないでしょうか。
実は、弊社の社長は文学作品は苦手なほうで、歴史書や政治史などの人文書を主戦場としている方。
しかし今回、彩流社が力を入れて立ち上げる全集ですので、社長がまずは「月報」を読んだ模様。
で、先日、「高梨君、いやあ、この「月報」すごいねえ」と言ってきました。
荒巻先生の原稿もさることながら、小谷真理先生の「冴子の中のクリステヴァ」に異常に感銘を受けた模様で、
とにかく、クリステヴァなども読んでいないが、「月報」を読んで早く『白き日旅立てば不死』を読みたくなったと熱く語っておりました。

ということで、私としてはこうした批評の可能性を再認識した次第であります。

是非とも、「月報」の凄みも味わって頂ければと思います。

(高梨治)