『鎮魂と抗い 3・11後の人びと』
各紙で取り上げられています

2012 年 9 月 28 日 金曜日

978_4_7791_1818_0.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「真実に、目を背けず、子どもたちにも知ってほしいフォトルポタージュです」(「世界へ未来へ 9条連ニュース」2012.12.20付)

◆本書についての山本宗補氏インタビューが特集されました。「……いろんな違いを含めて伝えたいというのが私のねらいです。一言で言うと、一人ひとりの生き方を、少しでも伝えることができれば、同時にその人が置かれている放射能汚染の問題、深刻度がそれぞれ出てくるのではないか、ということです」(「図書新聞」2012.12.22付)

◆「まさに鎮魂と抗いの「かたち」がここに。非常な国の、非情なこの現実を深く刻んだ本書」(評者:落合恵子氏「琉球新報」2012.10.28付)

◆本書掲載写真とともに紹介されました。「いまだに終わらない「鎮魂の現場」を生々しく伝える。原発の警戒区域内の貴重な写真も多数収録されている」(「新潟日報」2012.10.28付、「信濃毎日新聞」「京都新聞」2012.11.4付、「長崎新聞」2012.11.11付)

◆「ここにはマスコミが伝えない現実があり、なおかつ未だ経過報告に過ぎないのだ」(「CAPA」2012年11月号)

◆著者インタビューが掲載されました。「『鎮魂と抗い』は、津波の犠牲と原発事故の深刻さを認識し、なぜ脱原発が求められているのかを実感するものにしたかったのです」(「自然と人間」2012.10)

 

『菫の花の片隅で』
書評されました

2012 年 9 月 28 日 金曜日

978_4_7791_1617_9.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆「原文のデリケートな美しさをできるだけ伝えようとする試みは成功しているように思われる」(日本フランス語フランス文学会「Cahier」2012.10)

 

●戦後民主主義を「聞く」

2012 年 9 月 25 日 火曜日

ちゃんと聞いておきたい、という歴史の証言があると思います。

この本は「往復書簡」という形で語られた、女性によるすなおな、そしてなかなかに面白く奥の深い時代の証言で、

私にとっては「まさに、こういうの、聞いておきたかった」というものでした。

(続きを読む…)

■ミャンマーはどうなるのか――日本との関係から考える

2012 年 9 月 25 日 火曜日

今年はミャンマー(ビルマ)情勢から目が離せません。10/12、根本敬さん+吉田敏浩さんというビルマの専門家・ジャーナリストから、現地のいまと日本の役割をお聞きします。
(見ておもしろいミャンマーミニ展示「未来への遺産、ミャンマーの森と人びと」 も開催中です! 千代田図書館へ行こう!

(続きを読む…)

月刊キュリオマガジン162号

2012 年 9 月 25 日 火曜日

京成電鉄

2012 年 9 月 25 日 火曜日

■『サンティアゴ巡礼へ行こう!』の著者、中谷光月子さんの巡礼ツアーのご案内です! また、サンティアゴ巡礼を描いた映画『星の旅人たち』もまだまだ公開中です!

2012 年 9 月 24 日 月曜日
《歩く世界遺産》サンティアゴ巡礼本の決定版、『サンティアゴ巡礼へ行こう!』。
今年も(株)旅人舎さんの企画で、著者の中谷光月子さんの巡礼ツアーが以下の日程で行なわれる予定です。

ぜひ巡礼の旅にお出掛けください!

▼日程

 2012年10月24日(水)発【10日間】

 

▼詳細はこちらをご覧ください。

「白人」支配のカナダ史

2012 年 9 月 24 日 月曜日

ロシア史研究案内

2012 年 9 月 21 日 金曜日

小川

2012 年 9 月 21 日 金曜日