『徐福紀行』
『日本と中国』(2012.7.5付)で紹介されました。

2012 年 6 月 29 日 金曜日

978_4_7791_1773_2.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

 

◆「食べる喜びと不老不死、現代語では不老長寿だろうか、という人間共通の悲願を軸に旅を行く」『日本と中国』(2012.7.5付)

 

■『徐福紀行—— 魅せられて中国、食彩と歴史空間』

徐福伝説を追って10年余! “真相=深層”を求めて複雑怪奇な魅力ある中国を歩く。

 

『漱石の俳諧落穂拾い』
「神奈川新聞」(2012.6.24付)で紹介されました。

2012 年 6 月 27 日 水曜日

978-4-7791-1789-3_1.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

 

◆「……名所江の島にもうひとつ、文化的な付加価値を乗せられたのに…と元県立高校教師は無念がる。識者の不明をなじる。歯ぎしりせんばかりに」(「神奈川新聞」2012.6.24付)

 

■『漱石の俳諧落穂拾い ——知られざる江の島 鎌倉 湯河原 原句 漱石異説』

写生句の場所の特定と背景を明かすユニークな漱石論!

 

『駄歩だほ日記』
「やるか、やらぬか。本書はやってしまった者がつづった文章だ」ーー「東京新聞」(2012.6.24)で書評されました。

2012 年 6 月 25 日 月曜日

978_4_7791_1780_0.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

 

◆「人は十人十色。だからこそ諸行無常の度し難い世にも、思いがけない出逢いと色合いが生じる。夢見も笑顔も風邪声も、泣きっ面だって唯一あなたならではのものだ。その手になる文も同じく。書きっぷりは軽妙で、旅好きの目には、臨場感に満ち、ガイドにもなり、すたすた格好の読み物となろう」(評者:鏡ともり、「東京新聞」2012.6.24)

 

『駄歩だほ日記』

俳人・屁散人(上川謙市)が芭蕉「奥の細道」への強いリスペクトを実践した魂の爆笑珍道中記!

 

 

月刊キュリオマガジン159号

2012 年 6 月 22 日 金曜日

墨田区・江東区今昔散歩

2012 年 6 月 22 日 金曜日

『八月十五夜の茶屋』
「沖縄タイムス」「琉球新報」にて紹介されました!

2012 年 6 月 21 日 木曜日

978_4_7791_1796_1.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

◆ドキュメンタリー『兵隊先生』(松本仁一著、新潮社)で描かれた戦後沖縄の避難民収容所監督官「スナイドル大尉」が、本書著者ヴァーン・スナイダーであることが突き止められた。(『沖縄タイムズ』2013.5.28)

◆「……新訳の刊行はタイムリーである。訳文はこなれていて読みやすく、訳者の後書きや注釈はきわめて有益だ。沖縄とアメリカの関係が新たな局面を迎えている今、多くの読者に読まれるべき作品であろう」(読書欄『沖縄タイムス』2012.8.25付)

◆「56年ぶりに新訳された本書は、その当時の小説の中から新たな視線と時代背景を浮かび上がらせる」(『琉球新報』2012.7.8付)

◆「〔ズケラン基地の劇場で〕私は英語の台詞を中途半端に聴きとって、沖縄を侮辱すると新聞に書いたあとで、小説(内村直也訳)を読み、映画を見て、反省し訂正した。反省の趣旨は、一編のテーマが占領行政への批判にあることを見直そう、ということであった」「原作の小説では、ときにふきだすようにもユーモラスに描かれた、ウチナーンチュの群像はクセモノだ」(評者:大城立裕、文化欄「茶屋と鐘の正体ーー『八月十五夜の茶屋』の新訳など」『琉球新報』2017.7.16付)

◆「56年ぶりに新訳された本書は、その当時の小説の中から新たな視線と時代背景を浮かび上がらせる」(『琉球新報』2012.7.8付)

◆訳者の梓澤登さんが取材されました!

「米兵と地域住民のやりとりなど読ませる部分もある。映画では知ることのできない作者の考えを知ってほしい」(「沖縄タイムス」 2012.6.19)

 

■『八月十五夜の茶屋 沖縄占領統治1945

沖縄上陸作戦に参加した軍政チームの米軍将校と、占領初期の沖縄民衆の交流、沖縄の戦後復興などをユーモアを交えて描くフィクション。グレン・フォード、マーロン・ブランド、京マチ子主演映画(1957年)の原作。映画にはない、「社会派」の側面も読みとれる。

電子書籍専門書店の「PuBooks パブックス」にて『野菜から始めるやさしいフレンチ離乳食』の電子書籍版が発売されました!!

2012 年 6 月 20 日 水曜日

978_4_7791_1614_8.jpg

(続きを読む…)

電子書籍のドキドキ検索 PuBooks パブックス

2012 年 6 月 20 日 水曜日

_____________________logo.gif

「書店をたずねて三千里」がついに海を越え海外へ!?

2012 年 6 月 20 日 水曜日

ご無沙汰しております…。

この間、福島へ出張に行ったりと、いくつかネタはありましたが、多忙にかまけてここで発表することもできずにいました。

そんななか、5月に北京へ、私自身では初となる海外出張へ行ってまいりました。ついに海外の書店も訪問する!というわけで、やはりUPしないわけにもいかないので、頑張って北京出張記を綴っていきたいと思います。 (続きを読む…)

定本 沖縄戦

2012 年 6 月 20 日 水曜日