どうなる日朝国交交渉

2003 年 2 月 26 日 水曜日

『どうなる日朝国交交渉』表紙\
書籍名   : どうなる日朝国交交渉
(ドウナルニッチョウコッコウコウショウ)
著者名   : 日朝国交促進国民協会
(ニッチョウコッコウソクシンコクミンキョウカイ) 編
発行日   : 2003-02-25
税込価格 : ¥840
本体価格 : ¥800
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★朝日新聞2月26日夕刊 文化面「黒板」より
日朝シンポの記録出版

日朝国交促進国民協会が、昨年12月に開いたシンポジウムの記録をまとめ「どうなる日朝交渉」と題して彩流社から出版した。当初は出版の予定はなかったが、シンポには、様々な立場の研究者や専門家が出席しており、深刻さを増す日朝問題を考える一つの手がかりになるのでは、と出版を決めた。シンポは「日朝交渉と懸案問題」「マスコミ報道と世論」「核問題と日米韓協力」の三部構\成。出席者は、小此木政夫・慶応大教授、小牧輝夫・国士舘大教授、和田春樹・東大名誉教授、金忠植・東亜日報東京支社長、山室英男・元NHK解説委員長、伊豆見元・静岡県立大教授ら。

どうなる日朝国交交渉

2003 年 2 月 25 日 火曜日

狂女王フアナ

2003 年 2 月 25 日 火曜日

英語圏の新しい児童文学

2003 年 2 月 21 日 金曜日

老いをケアする仕事がしたい!

2003 年 2 月 19 日 水曜日

臨床文学論

2003 年 2 月 7 日 金曜日

猿田彦と秦氏の謎

2003 年 2 月 5 日 水曜日

消された古代東ヤマト

2003 年 2 月 5 日 水曜日

ロシア中世都市の政治世界

2003 年 2 月 1 日 土曜日

『ロシア中世都市の政治世界』表紙\
書籍名   : ロシア中世都市の政治世界 都市国家ノヴゴロドの群像
(ロシアチュウセイトシノセイジセカイ)
著者名   : 松木栄三(マツキエイゾウ) 著
発行日   : 2002-12-10
税込価格 : ¥3990
本体価格 : ¥3800
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★図書新聞 2/1、栗生沢猛夫
「歴史を学ぶことがこれほどに楽しかったかと思わせる本が現れた。この本が我が国におけるロシア史研究史上画期的な意味をもつであろうことについて、まず一言。ロシア史は我が国ではマイナーな研究分野である。とりわけ近代化を始めたといわれるピョートル大帝以前の古代・中世といえば、ほとんど誰の関心もひいてこなかった。何も学ぶべきものなどなかったと思われているのである。その意味で本書は、その興味深い内容と確かな研究上の裏付け、そして何よりも巧みな叙述によって、多くの読者の前に中世ロシアの豊かな世界を初めて開示して見出せたといってよい。これが第一の意義である。次に、ロシアといえばモスクワと思われてきたところに、ノヴゴロドというそれとはまったく別種の存在を知らせてくれたことである。いわば専制的モスクワに対する自由と独立のノヴゴロドの存在が初めて具体的に描かれたのである。ロシアの歴史世界がこれで格段に拡大されることになった」