日本人と中国人

2002 年 9 月 29 日 日曜日

『日本人と中国人』表紙\
書籍名   : 日本人と中国人 異文化交流の楽しみ
(ニホンジントチュウゴクジン)
著者名   : 汪洋(オウヨウ) 著
発行日   : 2002-08-09
税込価格 : ¥1890
本体価格 : ¥1800
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★西日本新聞、9/29

「国費留学生として九大で博士号をとり、日中両国に約二十年ずつくらした著者の比較文化論。といっても堅く論考するのではない。例えば、自己主張しない日本人はカラオケで、普段できないが故に胸にたまった「自己」を主張し、一方、昼夜を問わず自己主張している中国人は、なかなか主張できない政治と愛情を夜ごとカラオケでやるのだ、といったところから入って両国民の精神構\造の深奥に至る。小説「大河の岸辺」で九州芸術祭文学賞佳作を受賞した文章力が随所に光る。」

Jポップの日本語

2002 年 9 月 29 日 日曜日

『Jポップの日本語』表紙\
書籍名   : Jポップの日本語 歌詞論
(ジェイポップノニホンゴ)
著者名   : 見崎鉄(ミサキテツ) 著
発行日   : 2002-07-17
税込価格 : ¥1680
本体価格 : ¥1600
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★読売新聞、9/29、千石英世

「歌において曲と詞は不可分に統合されているはずだという常識からあえて詞を抽出し、世相と関連付け、社会評論的な詩論の試みとしたのが本書である。浜崎あゆみ、GLAY、ミスター・チルドレン、ゆず、等々当代の歌びと達の詞が、吟味の俎上に乗せられる。個々の歌びとの存在意義は引用豊富に追求されているが、最終結論は暗い。Jポップは総じて「カッコいい音楽にくるまれているが…歌詞はセンチメンタルな述懐に満ちている」という。Jポップを愛するがゆえの苦い認識。あるいは隆盛を誇るショウビジネスの意外な素顔か。もしそうなら責任者に出てきてほしい。」

★東京・中日新聞、8/3
「 浜崎あゆみ、GLAY、ゆず、ミスチルなどのミュージシャン十二人を取り上げ、彼らの自作の歌詞を論じたもの。俳句の手法を用いている椎名林檎、指示代名詞が多くて内容のない小田和正、自己正当化しか見られない槇原敬之の復帰第一作、「影を慕いて」にそっくりなサザンの「TSUNAMI」など、分析は丁寧で的確。歌詞論としてもおもしろいが、一種の日本語論としても読める。」

★「週刊朝日」6/27、斎藤美奈子
「『Jポップの日本語』(彩流社)は、浜崎あゆみ、GLAY、ミスチル、サザンなど十二組のアーティスト論と、「懐かしさ」「二人」「横顔」といったテーマ批評の二本立てで勝負した歌詞論である。Jポップは「あの」が大好きで、あの日、あの頃、あの時、あの場所、あの季節、などとあったら必ず懐かしがり屋さんの歌。破壊的にみえるいまの若者の歌も「あの日」への郷愁に充ちたクヨクヨしたものであり、そんな弱さをごまかすために、未来を見つめて、などの文句を絆創膏みたいに張り付けているのだ、なんていう少し意地悪な見方がいい。」

ロレンス文学鑑賞事典

2002 年 9 月 26 日 木曜日

メジャー・リーグ人名事典

2002 年 9 月 22 日 日曜日

『メジャー・リーグ人名事典』表紙\
書籍名   : メジャー・リーグ人名事典
(メジャーリーグジンメイジテン)
著者名   : 出野哲也(イデノテツヤ) 編著
発行日   : 2002-07-19
税込価格 : ¥6825
本体価格 : ¥6500
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★「福島民報」9/7ほか共同通信配信
メジャーリーグの球場に行くと、スコアをつけているファンに、よく出くわす。別に野球の専門家というのではない、ごく普通のファンだ。小学生もいれば、七十歳を超えたようなお年寄りもいる。日本人がいかに野球好きでも、スコアをつけられる七十\歳は、そういないだろう。/米国人にとって野球は、数字と記号で記述しきることのできるゲームであり、そこが彼らを引きつけるゆえんともなっている。だから、野球の記録集、事典のたぐいも数多い。権威ある「エンサイクロペディア」を自称するものもある。/日本にもそんな本がないかと思っていたら、出野哲也編著「メジャー・リーグ人名事典」(彩流社・六五〇〇円)が出た。……/五年かがりの労作で、ファンには便利な一冊だが、米国と違うのは、ほとんどの選手について、印象的なエピソードが紹介されていることだ。/たとえば「ポール・ハンズ」は「外野手としては史上唯一の単独三重殺を達成」したほか「メジャーではじめてサングラスをした選手」と紹介されている。このあたりはいかにも物語を好む日本人の手になる事典らしい。

★産経新聞8.4

百年を超える米大リーグの歴史を理解するために便利な人名事典が出版された。/ベーブルースは知っていても、先ごろ八十三歳で亡くなった「二十\世紀最後の四割打者」テッド・ウィリアムズとなると詳しくは、という人もいるかもしれない。/二度の三冠王に首位打者六回。福祉活動に熱心で黒人選手の殿堂入りを推進した。しかし、ファン、新聞記者とのトラブルが絶えず、地元でもブーイングを浴びた。そのなかで、オーナーのトム・ヨーキー氏は数少ない理解者だった。黒人選手の殿堂入りには消極的で意見を異にしたが…。/記録、エピソードが満載。日本人選手、ヨーキー氏のような球団幹部、殿堂入りした審判ら二千六百九十\二人が収録されている。

銀のしずく「思いのまま」

2002 年 9 月 21 日 土曜日

中央ヨーロッパ「ケルト」紀行

2002 年 9 月 21 日 土曜日

暴走するアレルギーアナフィラキシーに負けない本

2002 年 9 月 13 日 金曜日

リカルド・レイスの死の年

2002 年 9 月 6 日 金曜日

語りかける聖書

2002 年 9 月 6 日 金曜日

道ばたで出会った日本

2002 年 9 月 2 日 月曜日