カカオ

2001 年 10 月 21 日 日曜日

決定版「一発屋」大全

2001 年 10 月 19 日 金曜日

ニューヨーク知識人の源流

2001 年 10 月 12 日 金曜日

アメリカの文化戦争

2001 年 10 月 12 日 金曜日

寝盗る女 (上)

2001 年 10 月 7 日 日曜日

『寝盗る女 (上)』表紙\
書籍名   : カナダの文学・10A
寝盗る女 (上)
(ネトルオンナ ジョウ)
著者名   : マーガレット・アトウッド(マーガレット・アトウッド) 著
佐藤アヤ子(サトウアヤコ)
発行日   : 2000-04-20
税込価格 : ¥2640
本体価格 : ¥2500
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★共同通信配信10/7 岩田託子
「不幸抱えつつ衝突する4人──ひと昔前の昼メロにはまったように、はらはらどきどきしながら一気に長編を読んでしまった。訳文が流暢だし、筋立てがおもしろすぎる。個性も能力も家庭環境も異なる娘達4人が、60年代カナダの大学で知り合う。生い立ちも定かでないズィーニアという美しい娘が、人生のいろいろの段階でほかの3人のパートナーを??寝盗る?=Bのみならず、たかり、ゆすり、持ち逃げ、居候と経済的にも打撃を与える。みな50歳を過ぎた90年秋、再びズィーニア登場。煮え湯を飲まされた3人は打たれ強くなっている。もう惑わされないぞ……。ズィーニアはごめんこうむりたいが、カナダの湖や島に身をおいてみたい誘惑にかられた」。

北アイルランド「ケルト」紀行

2001 年 10 月 7 日 日曜日

ドイツのナショナリズム

2001 年 10 月 5 日 金曜日

ブラッド・オレンジ

2001 年 10 月 5 日 金曜日

英国運河の旅

2001 年 10 月 4 日 木曜日

『英国運河の旅』表紙\
書籍名   : 英国運河の旅 ナローボートでゆっくり、のんびり田園めぐり
(エイコクウンガノタビ)
著者名   : 秋山岳志(アキヤマタケシ) 著
発行日   : 2001-06-21
税込価格 : ¥2100
本体価格 : ¥2000
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★サライ、10/4

「イギリスの一番の魅力はカント リーサイド、とはよく言われる。そこには、縦横に 運河がはりめぐらされている。最盛期には石炭運搬用 に盛んに使われていたが、 その後朽ち果てていった。ところが、大戦後、レジャー用に 使おうという動きが始まり、現在 では3200キロが航行可能だ。 本書は、はじめての人でも船を 借りて運河を使った旅行ができる ように書かれたガイドブック。手 軽な日帰り用のデイ・ボートや、運 河用のナローボートの借り方には じまり、水門の操作法など必須事 項を懇切丁寧に解説する」

★図書新聞、7/28
「観光旅行では大都市や美術館の歴訪が定石だが、英国の魅力はカントリーサイドにあり、として「水の旅」を提案した本。英国には物を運ぶための運河が発達した。その運河をゆっくり歩くように進む「ナローボート」がある。幅2メートルちょっとのせまい舟だが長さは20メートルと鉄道車両ほどある。長い船体には旅のできる設備がととのっている。ナローボートは誰でも借りられる。しかも操作は簡単で、特徴は時速で4縲F5キロ。このゆっくりが楽しいという。主な運河の紹介と旅のマニュアルがつく」。

イェイツと夢

2001 年 10 月 1 日 月曜日
書籍名   : イェイツと夢 死のパラドックス
(イエイツトユメ)
著者名   : 木原誠(キハラマコト) 著
発行日   : 2001-02-22
税込価格 : ¥5250
本体価格 : ¥5000
画像をクリックすると紹介文が読めます(注文もできます)。

★『英語青年』10月号
(2・28刊、5000円)『イェイツと仮面』(6・15刊、5000円)「兄弟でほぼ同時に労作を世に問うたのは珍しい。二人は“夢”と“仮面”のキーワードのほかに『イェイツと夢』ではイェイツの想像力を「汎ヨーロッパ的精神史の文脈に」おいて捉え、『イェイツと仮面』では「民族的個性としての想像力」を考えるという。このように明確化、限定化の方向と、より大きな文脈に結びつけようとする複雑化の試みが交錯している。……何よりも讃えられるべきは一つの命題の追求に類い希な粘着力を発揮した才能が、しかも同時に二人も登場したことである」

★北海道新聞6/3
「難解なイメージを鮮明に──。詩人イェイツは余りに多面的で巨大なため群盲象を撫でる感を免れなかった。結局のところ読者は、意味不明の矛盾に満ちた詩句を半信半疑で口ずさむしかなかった。雑多で難解なイメージが、この上なく鮮明な旧約聖書の「ケルブ」の姿の変化として、あたかも詩人の想像力が自己を語る過程としてこの書によって示された。宗教、哲学、精神分析学を含む広い学識をもつ新鋭研究者が異国の巨人の文学に背骨を通した偉業に賛辞を贈りたい」