【書評】『公民権の実践と知恵』――「歴史学研究」2019年6月号にて

【書評】『公民権の実践と知恵』――「歴史学研究」2019年6月号にて

〈資料・文献紹介〉のページにて紹介されました。評者は小滝陽氏。 …… …1960年代に関する部分は、ミシシッピ州で展開した草の根の公民権運動の複雑な諸相を活写している。地域に根差す運動の側から見た、著名な運動指導者や全国組織の姿、SNCC(学生非暴力調整委員会)内部における白人ボランティアとの緊張関係、非暴力主義の運動と隣接して存在する自衛のための武装、ミシシッピ州内の地域的・文化的多様性、黒人の中の階層差、社会運動との関係を踏まえた音楽論・演劇論など、1960年代の運動に関して、本書が示す論点は多岐にわたる。 他方で、本書は1960年代の「運動」の記述の

【紹介】『なじょすべ』――「信濃毎日新聞」(2019年5月22日)にて

【紹介】『なじょすべ』――「信濃毎日新聞」(2019年5月22日)にて

“原発事故 詩と写真でつづる  現実捉えた写真 飾らない言葉” …… 東京電力福島第一原発事故から8年。この間の福島の人々の様子や情景を捉えた写真約50枚と、苦悩や悲しみを、飾らない東北なまりの言葉でつづった40編の詩を組み合わせた。 …原発事故を追い続ける山本さんが16年に「保養キャンプ」を取材した縁などから、2人で写真集を作ることにした。 ……福島の子が避難先で差別されるなどの状況に、関さんは「シビアな現実を詩で記録したいと思った。原発事故を“過去形”にせず、福島の今に目を向けてほしい」…山本さんは震災や原発事故は今後も起こりうるとし、「明日

【紹介】『アンタッチャブル・レコード』――「日経新聞」(2019年5月23日)他

【紹介】『アンタッチャブル・レコード』――「日経新聞」(2019年5月23日)他

『アンタッチャブル・レコード』が各紙で紹介されました。 ◆5/23 日本経済新聞(夕刊) “目利きが選ぶ3冊” 選者はスポーツライター藤島大氏 “シーズン最多奪三振の江夏豊、同勝利の稲尾和久、どちらも際立つが、忘れてならぬは権藤正利……” ★★★★   ”……プロ野球の現役選手にとっては「とうてい及ばない記録」を、「週刊ベースボール」の元編集長が紹介…野球談議の傍らに置きたい1冊。” ◆6/9 南日本新聞 “新刊” ◆6/2 神奈川新聞 “読書” ◆5/20 日本海新聞 “新刊紹介” ◆5/19 京都新聞 “新刊の本棚” 岩手日報 “新刊寸評” 徳島新聞 “新刊紹介”

【紹介】『「脱使い捨て」でいこう!』――「下野新聞」「神戸新聞」他にて

【紹介】『「脱使い捨て」でいこう!』――「下野新聞」「神戸新聞」他にて

『「脱使い捨て」でいこう!』が各紙にて紹介されました。 …… レジ袋やペットボトル、過剰包装などを減らす国内外の取り組みを紹介… …未来の世代の分まで資源を食いつぶす「地球の使いすぎ」から脱却するためにも…社会の仕組みづくりの重要性を説く。   ◆「熊本日日新聞」(2019年5月10日) ◆「愛媛新聞」(2019年5月5日) ◆「東奥日報」(2019年4月30日) ◆「沖縄タイムス」(2019年4月24日) ◆「神戸新聞」 ◆「下野新聞」(2019年4月22日) ◆「宮崎日日新聞社」(2019年4月17日) ◆「秋田魁新報」    

【書評】『荒野とドルと拳銃と』――キネマ旬報(6月上旬特別号)にて

【書評】『荒野とドルと拳銃と』――キネマ旬報(6月上旬特別号)にて

2019年6月上旬特別号 No.1811 の“映画・書評コーナー”にて、評者は秋本鉄次氏。 …… …“マカロニ”研究の第一人者として追従を許さぬ二階堂卓也氏が08年に上梓した『イタリア人の拳銃ごっこ マカロニ・ウェスタン物語』の改訂増補版の本著。 …頑固一徹な純粋娯楽至上主義者の真骨頂がこの1冊から強烈に匂ってくる。“世界の映画史に特異なポジションを確立した”(帯より)マカロニウエスタン。今からハマっても全然おかしくない。           書籍の詳細は下記書影をクリックしてください。  

【広告】「朝日新聞」(2019年5月19日)

【広告】「朝日新聞」(2019年5月19日)

2019年5月19日(日)朝日新聞サンヤツに広告を掲載しました。     各書籍の詳細は下記書影をクリックして下さい。

【広告】「神戸新聞」(2019年5月15日)

【広告】「神戸新聞」(2019年5月15日)

神戸新聞 一面サンヤツ、ブックス悠々に広告を掲載しました。     ※掲載書籍の詳細は下記画像をクリックして下さい。 ▶ためし読み 『美少年 岡本かの子 アムール幻想傑作集』        

【広告】「朝日新聞」(2019年4日24日)

【広告】「朝日新聞」(2019年4日24日)

朝日新聞(2019年4月24日)サンヤツに広告を掲載しました。     各書籍の詳細は下記画像をクリックして下さい。              

【紹介】『日本の野球場100選巡礼』――「産経新聞」(2019年5月5日)にて

【紹介】『日本の野球場100選巡礼』――「産経新聞」(2019年5月5日)にて

産経新聞6面の読書ページにて紹介されました。 …… …最寄り駅からの風景や球場の仕様、“野球メシ”を詳述に記載。観戦した写真も掲載されるが、試合内容はほぼ素通りする徹底ぶりだ。 …初観戦した昭和41年の広島市民球場の思い出を「ビールと煙草の匂い。声援と品のないヤジ。テレビで観るのとは違う大人の異世界」と記す。思い入れが深い分だけ筆致も熱くなる。   全文はコチラ ↓ (産経新聞さんの頁となります) https://www.sankei.com/life/news/190505/lif1905050019-n1.html    

【紹介】『ロシア・ナショナリズムの深層』――「読売新聞」(2019年5月5日)にて

【紹介】『ロシア・ナショナリズムの深層』――「読売新聞」(2019年5月5日)にて

21面の【記者が選ぶ】コーナーにて紹介されました。 クリミア併合をきっかけとするロシアとウクライナの対立が長期化する中、ロシアでは経済制裁を科す欧米諸国への反感がナショナリズムと結びつき、自ら孤独を深めている。… …西欧への憧れと幻滅から生まれた警戒心と敵意は、今日でもロシアの対外政策に大きな影響を与えている。その深層を歴史的に理解することは重要だ。      

新刊

トロイルスとクリセイデ
トロイルスとクリセイデ
[2019-06-25]
バンド・デシネ 最初の人間
バンド・デシネ 最初の人間
[2019-06-25]
バンド・デシネ 客
バンド・デシネ 客
[2019-06-25]
異能の日本映画史
異能の日本映画史
[2019-06-20]
独立国「日本」となるために必要なこと
独立国「日本」となるために必要なこと
[2019-06-20]
アナーキストの銀行家
アナーキストの銀行家
[2019-06-18]
紙ハブと呼ばれた男
紙ハブと呼ばれた男
[2019-06-12]
リピート系自動売買・裁量トレードのトリセツ
リピート系自動売買・裁量トレードのトリセツ
[2019-06-05]
英国の街を歩く
英国の街を歩く
[2019-06-05]
これからの日本
これからの日本
[2019-05-28]
ファンタジーと英国文化
ファンタジーと英国文化
[2019-05-28]
クラシック 100の味
クラシック 100の味
[2019-05-27]

近刊

ジェイン・オースティン 家族の記録

ディアドリ・ル・フェイ 著, 内田 能嗣 監訳, 惣谷 美智子 監訳

ケベック詩選集

真田 桂子 編訳, 立花 英裕 編訳, 後藤 美和子 訳, 佐々木 菜緒 訳

鼻持ちならぬバシントン(仮)

サキ 著, 花輪 涼子 訳

軍人と自衛官(仮)

小出 輝章 著

特設コーナー

A_douga_banner.jpg

 

クラウドファンディング ご協力ありがとうございました
(受付終了いたしました)

_________________________________________________________.jpg

 

彩マガ

読み物