【紹介】『定本 荒巻義雄メタSF全集』ーー「北海道新聞」にて

【紹介】『定本 荒巻義雄メタSF全集』ーー「北海道新聞」にて

『定本 荒巻義雄メタSF全集』が「北海道新聞」に紹介されました。 ◆巽孝之先生の寄稿とともに紹介されています。 「デュシャンやダリやマグリットといった超現実主義(シュールレアリスム)のみならず広くマニエリスム全般から着想を得て芸術と技術の交錯地点に成立した先鋭的なSF作品群は、いまも不朽の輝きを帯びている。」「したがって、ここに初期のメタSFの数々を全集のかたちで復刻すれば、たんに作家個人が新たな読者を獲得するのみではない。わが国には安部公房から小松左京、筒井康隆、山野浩一、荒巻義雄、山尾悠子、川又千秋、伊藤計劃、円城塔までを貫く思弁小説の

【書評・紹介】『戦争の現場で考えた 空爆、占領、難民』ーー「朝日新聞」(天声人語)、『経済』、「しんぶん赤旗」、「神奈川新聞」、「mundi」にて

【書評・紹介】『戦争の現場で考えた 空爆、占領、難民』ーー「朝日新聞」(天声人語)、『経済』、「しんぶん赤旗」、「神奈川新聞」、「mundi」にて

『戦争の現場で考えた 空爆、占領、難民』(熊岡路矢)が、『経済』「しんぶん赤旗」、「神奈川新聞」、「mundi」(国際協力機構)で紹介されました。 ◆朝日新聞「天声人語」(2014年11月24日付)にて紹介されました。 ◆「本書はぜひとも学校で教材として読んでほしい」(『しんぶん赤旗』2014年11月9日付) ◆著者と緒方靖夫氏(『赤旗』元パリ特派員、後外信部長)の対談が掲載されました。(『経済』2014年12月号) ◆著者のインタビューが大きく取りあげられ、本書も紹介されました。(「国際人道支援NGO/自衛隊を呼びたいと思ったことは一度もない」『しんぶん赤旗』2014年9月21日付

【書評・紹介】『戦前外地の高校野球』ーー「図書新聞」「神奈川新聞」「読売新聞」にて

【書評・紹介】『戦前外地の高校野球』ーー「図書新聞」「神奈川新聞」「読売新聞」にて

『戦前外地の高校野球』(川西玲子)が、「徳島新聞」「南日本新聞」など全国の地方紙、「図書新聞」、「望星」、「神奈川新聞」、「読売新聞」にて書評・紹介されました。 ◆「春夏の優勝校同士が「日本一」を争った1927年の決戦など、エピソードを紹介するコラムも読みごたえ十分だ」(「徳島新聞」「南日本新聞」など全国の地方紙、2014年11月27日) ◆「この本を書くにあたって著者は多くの資料を渉猟して戦前・戦中における高校野球の実態を明らかにした。その情熱には敬服したい」(「図書新聞」2014年11月29日付) ◆「読み応えがある書であった」(『望星』2014年12月号) ◆「野

【書評】『薔薇戦争新史』ーー「読売新聞」にて

【書評】『薔薇戦争新史』ーー「読売新聞」にて

『薔薇戦争新史』(トレヴァー・ロイル著/陶山昇平訳)が「読売新聞」にて書評されました。 ◆「大仰な劇場的キャラクターではなく、資料の丹念な分析から導き出した等身大の人物像として、彼ら彼女らをできるだけ正確かつ公正に描き出そうとする歴史叙述ならではの魅力だろう」(「読売新聞」2014年11月9日付) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【書評】『フランケンシュタインとは何か』ーー「高知新聞」「北日本新聞」「山梨日日新聞」「岩手日報」など

【書評】『フランケンシュタインとは何か』ーー「高知新聞」「北日本新聞」「山梨日日新聞」「岩手日報」など

『フランケンシュタインとは何か』が「高知新聞」「北日本新聞」「山梨日日新聞」「岩手日報」など(共同配信)で書評掲載されました。 ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【お知らせ】重版!『快読「赤毛のアン」』(フィギュール彩15)

【お知らせ】重版!『快読「赤毛のアン」』(フィギュール彩15)

ご好評いただいている『快読『赤毛のアン』』、重版いたしました! アンの魅力、そして、村岡花子訳の魅力はどこにあるのか、鮮やかに解き明かしています。本書を読むことで、さらに『赤毛のアン』を楽しむことができるはず。まだの方はぜひご一読を!    

【書評・紹介】『ピンク映画史』ーー『BRUTUS』「図書新聞」「映画秘宝」「日刊ゲンダイ」にて

【書評・紹介】『ピンク映画史』ーー『BRUTUS』「図書新聞」「映画秘宝」「日刊ゲンダイ」にて

『ピンク映画史』(二階堂卓也)が、「映画秘宝」「図書新聞」にて書評、『BRUTUS』「日刊ゲンダイ」にて紹介されました。 ◆「ピンク映画の歴史をできる限り体系的にまとめた画期的な本」(『BRUTUS』no.791) ◆「……多数の有名監督が育ったこの自由で独立性のある製作の場が滅びてほしくない。それは、この細密な映画史の著者とわたしに共通する心からの願いだ」(評・寺脇研「日刊ゲンダイ」2014年11月6日付) ◆「自由と残酷物語に満ちた世界を俯瞰するのに絶好の1冊だ」(『映画秘宝』2014年12月号) ◆「ピンク映画を単に裸と性交がすべてという、作られたイメージによって断裁する

【お知らせ】重版『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』

【お知らせ】重版『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』

『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』(小倉志郎)が、好評のうち重版されました!

【書評】『壁の向こうの天使たち』ーー「図書新聞」にて

【書評】『壁の向こうの天使たち』ーー「図書新聞」にて

『壁の向こうの天使たち』(越川芳明)が、「図書新聞」(9月27日付)にて書評されました。 ◆「彼は映画のなかにこれまで誰もが論じることを躊躇してきたジャンルが横たわっていることに気付き、ジャンルの範例を選び出した」(評・四方田犬彦「図書新聞」2014年9月27日付)

【書評・紹介など】『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』ーー「東京(中日)新聞」、「日刊ゲンダイ」にて

【書評・紹介など】『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』ーー「東京(中日)新聞」、「日刊ゲンダイ」にて

『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』(小倉志郎)が、「奔流」「解放新聞」「東京(中日)新聞」「日刊ゲンダイ」にて書評・紹介されました。 ◆「現場からの貴重な一冊だ」(「奔流」〔千曲川・信濃川復権の会〕) ◆「原発の怖さがひしひしと伝わる著作」(「解放新聞」) ◆著者、小倉志郎氏のインタビューが「元東芝技術者が告発」として大きく掲載されました。3日の「私説 論説室から」でも本書が紹介されています。(「東京(中日)新聞」2014年9月1日付/3日付) ◆「定年前、毎日のように建屋の中をパトロールに歩いた経験から、原発は「怪物」とい」(「日刊ゲンダイ

新刊

学校寄席入門  ③演じてみよう「寿限無 (じゅげむ)」
学校寄席入門  ③演じてみよう「寿限無 (じゅげむ)」
[2015-02-03]
国際条約じてん ⑤経済と文化
国際条約じてん ⑤経済と文化
[2015-02-03]
石黒健治写真集「健さん」 
石黒健治写真集「健さん」 
[2015-02-02]
幕末期のオランダ対日外交政策
幕末期のオランダ対日外交政策
[2015-02-02]
京阪電車 街と駅の1世紀
京阪電車 街と駅の1世紀
[2015-01-26]
本は旅をつれて
本は旅をつれて
[2015-01-22]
時の葦舟
時の葦舟
[2015-01-22]
静穏の書
静穏の書
[2015-01-22]
ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア
ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア
[2015-01-21]
村上春樹は電気猫の夢を見るか?
村上春樹は電気猫の夢を見るか?
[2015-01-16]
ナイキ
ナイキ
[2015-01-16]
アメリカ50年 ケネディの夢は消えた?
アメリカ50年 ケネディの夢は消えた?
[2015-01-07]

近刊

東アナトリア、シリアの歴史建築[英語版]

東アナトリア研究会 編, 篠野 志郎 編, 藤田 康仁 編, 守田 正志 編

拝啓 宮澤賢治さま

田下 啓子 著

国際条約じてん ①国際組織と領土

こどもくらぶ 編, 池上 彰 監修

ミスター・シャーロット・ブロンテ

アラン・H・アダムソン 著, 樋口 陽子 訳

特設コーナー

創業35年、新規事業

35out.jpg

彩流社の今月のおすすめ

_______________1412out.jpg

 

映画『複製された男』のDVD&ブルーレイがVAPより発売決定!!
原作は小社刊『複製された男』(ジョゼ・サラマーゴ 著, 阿部孝次 訳)です。

fukusei.jpg

彩流社eBook

読み物