【書評】『それはどっちだったか』ーー「朝日新聞」「読書人」にて

【書評】『それはどっちだったか』ーー「朝日新聞」「読書人」にて

マーク・トウェイン『それはどっちだったか』(里内克巳訳)の書評が掲載されました。 ◆「マーク・トウェインが、ドストエフスキーら近代小説の本格派と並ぶ作家であることを示す、傑作である。晩年に書かれたこの未完の大作は、長らく不遇をかこってきたが、その内容たるや、現代の新作小説と言ってもよい」(評・星野智幸「朝日新聞」2015.4.26付) ◆「これは正真正銘の問題作なのだと思う」(評・後藤和彦「週刊読書人」2015.4.24付)

【紹介】『イラン人 このフシギな人々』ーー「報知新聞」にて

【紹介】『イラン人 このフシギな人々』ーー「報知新聞」にて

『イラン人 このフシギな人々』が「報知新聞」にて紹介されました。 ◆「国際情勢を分析したような本はたくさんある。けど、その国の一般の人たちはどう思っているのかを知りたい」(「高野秀行氏が選ぶこの一冊」『報知新聞』2015年4月10付)

【書評】『ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア』ーー「図書新聞」にて

【書評】『ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア』ーー「図書新聞」にて

『ヘミングウェイとパウンドのヴェネツィア』(今村盾夫/真鍋晶子)が、「図書新聞」、「京都新聞」「福井新聞」ほか(共同通信配信)にて書評掲載されました。 ◆「ここには旅行記と文学研究の非常に幸せな融合がある」(「図書新聞」2015年3月28日) ◆「ヘミングウェイと詩人エズラ・パウンドがこの都市に魅せられた思いが、当地を再訪した2人の碩学により見事にあぶり出される」(共同通信配信 2015年3月29日ほか)

「ザ!世界仰天ニュース!」(日本テレビ系 3 月25 日放送予定)にて、「人望のあった警察官の転落」と題して小社刊の『殺意の時』を資料に、事件を追った番組が放送されま した!!

「ザ!世界仰天ニュース!」(日本テレビ系 3 月25 日放送予定)にて、「人望のあった警察官の転落」と題して小社刊の『殺意の時』を資料に、事件を追った番組が放送されま した!!

山中湖連続殺人事件の当事者(澤地和夫)が綴る日本版『罪と罰』!! 「奇跡体験! アンビリバボー」(フジテレビ系―14 年12 月11 日放送)にて、【実録!日本で起きた衝撃事件!連続殺人鬼は元警部!】と題して、1984 年に起き、日本中を震撼させた大事件「山中湖連続殺人事件」について、本書を大きく取り上げて紹介されたことをきっかけに、28 年前刊行の本書の在庫は少なく、注文が殺到した結果、即品切。 さらに今回、2015年3 月25 日「ザ! 世界仰天ニュース」でも本書が紹介されることが決まり、多数のご要望にお応えし、新版として緊急復刊することとなりました!! 元警視庁警部と殺

【紹介】『朝鮮人はあなたに呼びかけている』ーー「図書新聞」

【紹介】『朝鮮人はあなたに呼びかけている』ーー「図書新聞」

【紹介】『朝鮮人はあなたに呼びかけている——ヘイトスピーチを越えて』が「西日本新聞」「北海道新聞」にて書評掲載、「図書新聞」にて著者インタビューが掲載されました。 ◆「歴史や記憶の断片に触発された思考と感受の「変奏曲集」ともいうべきスタイルでつづられ、構成されされた崔の文章を通して、「影の東アジア」が立ち上がっていく」(『西日本新聞』2015.2.22付、『北海道新聞』2015.3.22付) ◆「図書新聞」一面に著者・崔真碩氏のインタビューが大きく掲載されました。(2015年2月28日付)

【お知らせ】2015年度彩流社目録が完成しました!

【お知らせ】2015年度彩流社目録が完成しました!

2015年度彩流社目録が完成しました! ご希望の方は弊社までご連絡ください。無料で発送いたします! 今年度は表紙の文字色が、みずいろからみどりになり、「定本荒巻義雄メタSF全集」や児童書のカテゴリーもできました。 さらに、今年度からは弊社ホームページのトップページから図書目録をPDFファイルでダウンロードできます!こちらもぜひご活用ください! ダウンロードは「図書目録/書店様へ」をクリックしてください。 本年度も彩流社を宜しくお願い申し上げます。

【書評】『「講談社の絵本」の時代』ーー朝日新聞にて

【書評】『「講談社の絵本」の時代』ーー朝日新聞にて

『「講談社の絵本」の時代』が朝日新聞にて書評掲載されました。 ◆「……あの「昭和」の時代をもう一度、「残照」の中で蘇らせてくれるのである」(「朝日新聞」2015年3月8日付) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【書評・紹介】『石黒健治写真集「健さん」』ーー『FLASH』「中日(東京)新聞」「日刊スポーツ」「図書新聞」にて

【書評・紹介】『石黒健治写真集「健さん」』ーー『FLASH』「中日(東京)新聞」「日刊スポーツ」「図書新聞」にて

『石黒健治写真集「健さん」』が、「中日新聞」「日刊スポーツ」「図書新聞」にて書評掲載されました。 ◆『FLASH』(2015年3月17日号)で、本書収録の写真を紹介した、高倉健のグラビアページが掲載されました。 ◆「中日(東京)新聞」(2015年3月1日付)の「アートな本」コーナーで紹介されました。 ◆「ページをめくるたびにスターの座を確立したころの勢いや息遣いが伝わってくる」(「日刊スポーツ」2015年2月24日付) ◆「眩暈を覚える白と黒のダイナミックな紙面上での対比は、全盛を極めた「任侠シリーズ」の往事を知る読者にはたまらない」(「図書新聞」2015.2.21付) ※本書の

【紹介】『定本 荒巻義雄メタSF全集』ーー「北海道新聞」にて

【紹介】『定本 荒巻義雄メタSF全集』ーー「北海道新聞」にて

『定本 荒巻義雄メタSF全集』が「北海道新聞」に紹介されました。 ◆巽孝之先生の寄稿とともに紹介されています。 「デュシャンやダリやマグリットといった超現実主義(シュールレアリスム)のみならず広くマニエリスム全般から着想を得て芸術と技術の交錯地点に成立した先鋭的なSF作品群は、いまも不朽の輝きを帯びている。」「したがって、ここに初期のメタSFの数々を全集のかたちで復刻すれば、たんに作家個人が新たな読者を獲得するのみではない。わが国には安部公房から小松左京、筒井康隆、山野浩一、荒巻義雄、山尾悠子、川又千秋、伊藤計劃、円城塔までを貫く思弁小説の

【書評・紹介】『戦争の現場で考えた 空爆、占領、難民』ーー「朝日新聞」(天声人語)、『図書新聞』、『経済』、「しんぶん赤旗」、「神奈川新聞」、「mundi」にて

【書評・紹介】『戦争の現場で考えた 空爆、占領、難民』ーー「朝日新聞」(天声人語)、『図書新聞』、『経済』、「しんぶん赤旗」、「神奈川新聞」、「mundi」にて

『戦争の現場で考えた 空爆、占領、難民』(熊岡路矢)が、「朝日新聞」(天声人語)、「図書新聞」、『経済』、「しんぶん赤旗」、「神奈川新聞」、「mundi」(国際協力機構)で紹介されました。 ◆「……〔評者も紛争現場では〕常に赤十字の旗を掲げ、軍人と決して間違われないこと、軍と常に適切な距離を置くこと、そして中立主義を守ることが、人道的支援の活動家たちをこれまで守ってきたのである。その実感を、本書の読者にはぜひ感じてほしい」(評・大橋正明氏「図書新聞」2015年3月7日付) ◆朝日新聞「天声人語」(2014年11月24日付)にて紹介されました。 ◆「本書はぜひと

新刊

マザー・テレサのいる動物病院
マザー・テレサのいる動物病院
[2015-05-07]
カストロバルバ/ゴシック
カストロバルバ/ゴシック
[2015-04-23]
切手が伝える花の園芸史
切手が伝える花の園芸史
[2015-04-23]
山手線 街と駅の今昔物語
山手線 街と駅の今昔物語
[2015-04-23]
第4版 アメリカの法曹倫理
第4版 アメリカの法曹倫理
[2015-04-22]
前座失格!?
前座失格!?
[2015-04-22]
トーテムポールの世界
トーテムポールの世界
[2015-04-21]
死者の軍隊(上) 連合赤軍の彼方に
死者の軍隊(上) 連合赤軍の彼方に
[2015-04-09]
近鉄奈良線 街と駅の1世紀
近鉄奈良線 街と駅の1世紀
[2015-04-06]
それはどっちだったか
それはどっちだったか
[2015-04-01]
蒐める! レトロスペース・坂会館
蒐める! レトロスペース・坂会館
[2015-04-01]
ユダヤ系文学と「結婚」
ユダヤ系文学と「結婚」
[2015-04-01]

近刊

スペイン文化入門

佐々木 孝 著, 碇 順治 編

朝日新聞「吉田調書報道」は誤報ではない

海渡 雄一 著, 河合 弘之 著, 原発事故情報公開原告団・弁護団 著

ドラマとしてのミュージカル

スコット・マクミリン 著, 有泉 学宙 訳

THE 京王電鉄 (仮)

広岡 友紀 著

特設コーナー

創業35年、新規事業

35out.jpg

彩流社の今月のおすすめ

1502.jpg

 

映画『複製された男』のDVD&ブルーレイがVAPより発売決定!!
原作は小社刊『複製された男』(ジョゼ・サラマーゴ 著, 阿部孝次 訳)です。

fukusei.jpg

彩流社eBook

読み物

イケ彩ダメ彩