【書評】『薔薇戦争新史』ーー「読売新聞」にて

【書評】『薔薇戦争新史』ーー「読売新聞」にて

『薔薇戦争新史』(トレヴァー・ロイル著/陶山昇平訳)が「読売新聞」にて書評されました。 ◆「大仰な劇場的キャラクターではなく、資料の丹念な分析から導き出した等身大の人物像として、彼ら彼女らをできるだけ正確かつ公正に描き出そうとする歴史叙述ならではの魅力だろう」(「読売新聞」2014年11月9日付) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【書評】『フランケンシュタインとは何か』ーー「高知新聞」「北日本新聞」「山梨日日新聞」「岩手日報」など

【書評】『フランケンシュタインとは何か』ーー「高知新聞」「北日本新聞」「山梨日日新聞」「岩手日報」など

『フランケンシュタインとは何か』が「高知新聞」「北日本新聞」「山梨日日新聞」「岩手日報」など(共同配信)で書評掲載されました。 ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【お知らせ】重版!『快読「赤毛のアン」』(フィギュール彩15)

【お知らせ】重版!『快読「赤毛のアン」』(フィギュール彩15)

ご好評いただいている『快読『赤毛のアン』』、重版いたしました! アンの魅力、そして、村岡花子訳の魅力はどこにあるのか、鮮やかに解き明かしています。本書を読むことで、さらに『赤毛のアン』を楽しむことができるはず。まだの方はぜひご一読を!    

【書評・紹介】『ピンク映画史』ーー「図書新聞」「映画秘宝」「日刊ゲンダイ」にて

【書評・紹介】『ピンク映画史』ーー「図書新聞」「映画秘宝」「日刊ゲンダイ」にて

『ピンク映画史』(二階堂卓也)が、「映画秘宝」「図書新聞」にて書評、「日刊ゲンダイ」にて紹介されました。 ◆「……多数の有名監督が育ったこの自由で独立性のある製作の場が滅びてほしくない。それは、この細密な映画史の著者とわたしに共通する心からの願いだ」(評・寺脇研「日刊ゲンダイ」2014年11月6日付) ◆「自由と残酷物語に満ちた世界を俯瞰するのに絶好の1冊だ」(『映画秘宝』2014年12月号) ◆「ピンク映画を単に裸と性交がすべてという、作られたイメージによって断裁するのではなく、この国の戦後史に匿された精神の飢餓=「欲望のむきだし」(本書のサブタイト

【お知らせ】重版『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』

【お知らせ】重版『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』

『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』(小倉志郎)が、好評のうち重版されました!

【書評】『壁の向こうの天使たち』ーー「図書新聞」にて

【書評】『壁の向こうの天使たち』ーー「図書新聞」にて

『壁の向こうの天使たち』(越川芳明)が、「図書新聞」(9月27日付)にて書評されました。 ◆「彼は映画のなかにこれまで誰もが論じることを躊躇してきたジャンルが横たわっていることに気付き、ジャンルの範例を選び出した」(評・四方田犬彦「図書新聞」2014年9月27日付)

【書評・紹介など】『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』ーー「東京(中日)新聞」、「日刊ゲンダイ」にて

【書評・紹介など】『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』ーー「東京(中日)新聞」、「日刊ゲンダイ」にて

『元原発技術者が伝えたいほんとうの怖さ』(小倉志郎)が、「奔流」「解放新聞」「東京(中日)新聞」「日刊ゲンダイ」にて書評・紹介されました。 ◆「現場からの貴重な一冊だ」(「奔流」〔千曲川・信濃川復権の会〕) ◆「原発の怖さがひしひしと伝わる著作」(「解放新聞」) ◆著者、小倉志郎氏のインタビューが「元東芝技術者が告発」として大きく掲載されました。3日の「私説 論説室から」でも本書が紹介されています。(「東京(中日)新聞」2014年9月1日付/3日付) ◆「定年前、毎日のように建屋の中をパトロールに歩いた経験から、原発は「怪物」とい」(「日刊ゲンダイ

【書評・紹介】『戦争体験キャラバン』ーー「毎日新聞」、「長崎新聞」ほか、「読売新聞」、「ふぇみん」にて

【書評・紹介】『戦争体験キャラバン』ーー「毎日新聞」、「長崎新聞」ほか、「読売新聞」、「ふぇみん」にて

『戦争体験キャラバン』が「長崎新聞」ほか(10月5日付)、「読売新聞」(9月8日付)、「朝日新聞」(8月16日付)、「毎日新聞」(8月8日付)、「岩手日報」『山梨日日新聞』『高知新聞』『中国新聞』「南日本新聞」など、「ふぇみん」にて取り上げられました。 ◆「戦争をどう伝え残すかについて、重要なポイントがいくつも見られる」(「ふぇみん」2014年11月5日付) ◆「戦場を生き抜いた証言者たちの生の声は、きっとあの戦争の記憶を次世代へつなぐ貴重な手がかりとなるに違いない」(「長崎新聞」「岐阜新聞」ほか2014年10月5日付) ◆「読売新聞」(9月8日付)文化面で、「戦場体験

【書評・紹介】ゴジラの精神史ーー「週刊朝日」『週刊プレイボーイ』、「図書新聞」、「神戸新聞」など多数の地方紙、「中日(東京)新聞」、「日経新聞」、「ポパイ」、「家の光」にて

【書評・紹介】ゴジラの精神史ーー「週刊朝日」『週刊プレイボーイ』、「図書新聞」、「神戸新聞」など多数の地方紙、「中日(東京)新聞」、「日経新聞」、「ポパイ」、「家の光」にて

『ゴジラの精神史』が「週刊朝日」(8月8日増大号)、『週刊プレイボーイ』(著者インタビュー、2014年7月14日発売)、「図書新聞」(2014年7月19日付)、「神戸新聞」他各紙(共同通信配信、2014年6月29日付)、「中日/東京新聞」(2014年6月21日付)、「ポパイ」、「家の光」(2014年7月号)で書評、紹介されました。また、著者・小野俊太郎氏が「毎日新聞」(7月27日付)にて、「この3冊」としてゴジラ本を選書しています。 ◆「大泉図書館だより」(大泉図書館)に、図書館員のおすすめ本として紹介されました。 ◆「ちょうど映画一本分の時間でさくっと読めるが、内容が豊富で知的刺激に満ち

【書評など】『三島由紀夫における「アメリカ」』ーー「週刊読書人」「東洋経済日報」にて

【書評など】『三島由紀夫における「アメリカ」』ーー「週刊読書人」「東洋経済日報」にて

【書評】『三島由紀夫における「アメリカ」』(南相旭)が「週刊読書人」(2014年7月11日付)にて書評、「東洋経済日報」(2014年5月30日付)にて紹介されました。 ◆「安岡章太郎や小島信夫、またそれにつづく大江健三郎、江藤淳などのアメリカは、またさらに村上春樹におけるアメリカは、すでに、今日よく調査されているが、三島に関しては、それがない。なかった。なぜなのか。本書の問題提起は新鮮である。独自性がある」(評・千石英世「週刊読書人」2014年7月11日)   ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

新刊

ブライアン・メリマン『真夜中の法廷』
ブライアン・メリマン『真夜中の法廷』
[2014-11-25]
南海電鉄 昭和の記憶
南海電鉄 昭和の記憶
[2014-11-25]
兵士たちの連合赤軍〈改訂増補版〉
兵士たちの連合赤軍〈改訂増補版〉
[2014-11-19]
朝鮮人はあなたに呼びかけている
朝鮮人はあなたに呼びかけている
[2014-11-19]
フィリピンの独立と日本
フィリピンの独立と日本
[2014-11-19]
三島由紀夫外伝
三島由紀夫外伝
[2014-11-17]
紀行 失われたものの伝説
紀行 失われたものの伝説
[2014-11-17]
国際条約じてん ④環境
国際条約じてん ④環境
[2014-11-17]
白き日旅立てば不死
白き日旅立てば不死
[2014-11-14]
コカ・コーラ
コカ・コーラ
[2014-11-14]
らぶ・ひるたァ【特別限定復刻版】
らぶ・ひるたァ【特別限定復刻版】
[2014-11-11]
ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか
ヒトラーはなぜユダヤ人を憎悪したか
[2014-11-06]

近刊

詩集

ジョージ・エリオット 著, 大田 美和 訳, 大竹 麻衣子 訳, 谷田 恵司 訳, 阿部 美恵 訳

「講談社の絵本」の時代

永峯 清成 著

聖シュテファン寺院の鐘の音は

荒巻 義雄 著, 巽 孝之 編, 三浦 祐嗣 編

特設コーナー

創業35年、新規事業

35out.jpg

彩流社の今月のおすすめ

_______________1411out.jpg

映画『複製された男』のDVD&ブルーレイがVAPより発売決定!!
原作は小社刊『複製された男』(ジョゼ・サラマーゴ 著, 阿部孝次 訳)です。

fukusei.jpg

読み物

イケ彩ダメ彩