【書評】『〈創造〉の秘密』――「朝日新聞」にて

【書評】『〈創造〉の秘密』――「朝日新聞」にて

『〈創造〉の秘密』の書評が「朝日新聞」(2018年5月19日付)に掲載されました。 「本書ではシェークスピアとコンラッドとカフカの具体的な作品を取り上げている。感性に訴えかける彼らの作品を論じながら、創造と独創を単に概念や知能で理解するのではなく、感性を総動員させながら肉体的な読書体験をするよう勧めているように思う。」(評・横尾忠則氏) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【紹介】『青春1968』――「毎日新聞」「東京・中日新聞」他にて

【紹介】『青春1968』――「毎日新聞」「東京・中日新聞」他にて

『青春1968』が紹介されました。 ◆「週刊新潮」(2018年6月14日付) ◆「朝日新聞」(2018年6月2日付)「情報フォルダー」 ◆「日刊ゲンダイ」(2018年5月25日付) ◆「週刊文春2018年5月24日号」「新刊推薦文」 ◆「フォトテクニック」(2018年6月号)「新刊紹介」 ◆「東京新聞」「中日新聞」(2018年5月13日付)「出版情報」 ◆「毎日新聞」(2018年5月6日付)「深よみエンタ」 ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【書評】『わが妹、ヴァージニア』――「読書人」他にて

【書評】『わが妹、ヴァージニア』――「読書人」他にて

『わが妹、ヴァージニア』の書評が掲載されました。 ◆「伝記をどうやって小説化するかという問題は、作者スーザン・セラーズにとっても本書の大きなテーマであったと思われるが、『灯台へ』に描かれたエピソードがこの小説のヴァネッサや母親のこととして取り扱われていることを考えるなら、両親に対するヴァネッサの思いは妹の思いとは異なるものであろう。それはヴァージニアの『灯台へ』をセラーズが語り直すもう一つの『灯台へ』とみなすことができ、彼女が考えている伝記と小説の間に橋を架ける方法なのかもしれない。」「読書人」(2018年3月2日付)(評・木下 卓氏) ◆「四国新

【お知らせ】重版出来!『おやこで楽しむ講談入門』

【お知らせ】重版出来!『おやこで楽しむ講談入門』

『おやこで楽しむ講談入門』(二刷り)の重版が出来上がりました!(2018年3月9日) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【書評】『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』――「朝日新聞」「山梨日日新聞」「南日本新聞」他各紙にて

【書評】『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』――「朝日新聞」「山梨日日新聞」「南日本新聞」他各紙にて

『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』の書評が各紙に掲載されています。 ◆「日本経済新聞」(2018年1月29日付)「コバルト文庫」の特集記事に嵯峨景子氏のコメントが掲載されました。 ◆「朝日新聞」(2017年4月2日付)に書評が掲載されました! 「嵯峨景子の労作『コバルト文庫で辿る少女小説変遷史』は、老舗コバルト文庫を軸に60年代後半からの少女小説史を追っている。」(評・末國善巳氏) ◆「小説を読むという行為それ自体の形が大きく変貌している昨今、それでも「今」とちょっと違う何かを求める先としての少女小説的世界が、か細くたくましくどこかに受け継がれていくこと

【書評】『ゆかいなセリア』――「産経新聞」にて

【書評】『ゆかいなセリア』――「産経新聞」にて

『ゆかいなセリア』の書評が「産経新聞」(2018年1月28日付)に掲載されました。 ◆「スペイン語に精通した訳がやさしく丁寧。モダンなイラストもおしゃれで、大人が読んでも楽しめる。」 ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【書評・紹介】『追憶の日米野球』――「東京新聞」「読売新聞」にて

【書評・紹介】『追憶の日米野球』――「東京新聞」「読売新聞」にて

『追憶の日米野球』の書評・紹介が掲載されました。 ◆「読売新聞」(2018年2月15日付) 著者と共に書籍も紹介されました。 ◆「東京新聞」(2018年1月21日付) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【書評】『詩人小説精華集』――「産経新聞」にて

【書評】『詩人小説精華集』――「産経新聞」にて

『詩人小説精華集』の書評が「産経新聞」(2018年1月21日)に掲載されました。 ◆「こんなふうに可視と不可視にこだわる姿にそれぞれの詩人の真顔が見えてきた気がした。長山は『時代を正確に描き出しているばかりではなく予言的ですらある』と続けて記している。小説を書く意味が、それぞれの詩歌人たちにはっきりとあったのだろう。 明治から昭和の歳月の匂いが鮮やかに行間に匂ってくるばかりではない。放たれた言葉の矢は現代の暮らしの的を射抜いている。」(評・和合亮一氏) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【紹介】『都会の自然の話を聴く』――「読売新聞」にて

【紹介】『都会の自然の話を聴く』――「読売新聞」にて

『都会の自然の話を聴く』の著者・高槻成紀氏が「読売新聞」にて紹介されました。 ◆「タヌキの生態などが紹介されており、高槻さんは『都会の片隅で身近な生き物が懸命に生きていることを知るきっかけになったらうれしい』と期待している。」「読売新聞 武蔵野版」(2017年12月21日) ◆「記者が選ぶ」「読売新聞」(2018年1月28日付) ※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。

【紹介】『在日コリアンの歴史を歩く』――「神戸新聞」「信濃毎日新聞」他にて

【紹介】『在日コリアンの歴史を歩く』――「神戸新聞」「信濃毎日新聞」他にて

『在日コリアンの歴史を歩く』の監修である在日コリアン青年連合(KEY)と書籍の紹介が掲載されました。 ◆「本の随所にKEYメンバーのコラムが挿入され、ヘイトスピーチへの怒りや悲しみ、ハルモニ(おばあさん)への思い、未来への希望など率直な思いがつづられている。KEY事務局の李明哲(リミョンチョル)さんは『在日コリアンがなぜ日本にいるのか、在日の歴史を学ぶ場はあまりない。日本人の若者にも歴史的な背景を知ってほしい』と話す。」「神戸新聞」(2017年11月25日付) ◆「『戦争を知る世代が減り、なぜ在日コリアンが日本にいるのか理解されていない』と事務局

新刊

地域に根差してみんなの力で起業する
地域に根差してみんなの力で起業する
[2018-06-19]
バンド・デシネ 異邦人
バンド・デシネ 異邦人
[2018-06-18]
伝説の映画監督 若松孝二秘話
伝説の映画監督 若松孝二秘話
[2018-06-18]
全共闘、1968 年の愉快な叛乱
全共闘、1968 年の愉快な叛乱
[2018-06-07]
日大闘争と全共闘運動
日大闘争と全共闘運動
[2018-06-07]
キリスト教宣教と日本
キリスト教宣教と日本
[2018-06-06]
日中文化社会比較論
日中文化社会比較論
[2018-06-06]
根源への旅
根源への旅
[2018-06-06]
作家ガイド アナイス・ニン
作家ガイド アナイス・ニン
[2018-05-28]
上智英文90年
上智英文90年
[2018-05-28]
増補新版 沖縄戦546日を歩く
増補新版 沖縄戦546日を歩く
[2018-05-24]
吸血鬼の英文法
吸血鬼の英文法
[2018-05-24]

近刊

YOUNG AMERICANS IN LITERATURE

Takayuki Tatsumi 著

ソロー日記 冬

ヘンリー・ソロー 著, H・G・O・ブレーク 編, 山口 晃 訳

福祉国家の観光開発

藪長 千乃 編, 藤本 祐司 編

【写真集】すいじんのえのき

荒川 健一 写真・文

特設コーナー

A_douga_banner.jpg

 

クラウドファンディング ご協力ありがとうございました
(受付終了いたしました)

_________________________________________________________.jpg

 

読み物